コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 放射線治療科 > 研究について

研究について

治療方法の開発を行うため、院内のみでなく多施設共同研究グループに参加し、臨床試験を行っています。また、放射線治療の質の向上や放射線治療の新たな装置の開発に関する研究を行っています。

放射線治療に関する研究では、標準的治療の確立に向けた研究やよりよいQOLを目的とした臨床研究を行っています。乳がんや喉頭がんでは1回の放射線量を多くし回数や治療期間を短くする臨床研究を実施しています。

放射線治療に関する研究のみでなく、手術や薬物療法との併用療法の一部としての放射線治療について多くの臨床試験に参加し、治療計画の立案より実施内容の検証まで幅広く関与しています。