トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 発がん機構研究グループ > がんRNA研究分野

がんRNA研究分野

Lab_Photo_20220525

お知らせ

2022年12月1日
篠原奈津子さんが特任研究補助員として研究室に参加しました!
2022年12月1日
吉見昭秀さんが日本分子生物学会年会で「留学のすゝめ」の座長を務めました。
2022年11月25日
西村一希さんと吉見昭秀さんがMSD Urology Seminarで招待講演をしました。
2022年11月19日
吉見昭秀さんがCancer Stem Cell Symposiumで招待講演をしました。
2022年11月15日
吉見昭秀さんが日本環境変異原ゲノム学会年次大会 シンポジウム1で招待講演をしました。
2022年11月1日
吉見昭秀さんが北里大学理学部セミナーで招待講演をしました。
2022年10月31日
吉見昭秀さんが愛知県がんセンターで招待講演をしました。
2022年10月20日
西村一希さんが日本癌治療学会Young Oncologist Awardを受賞しました。
2022年10月14日
吉見昭秀さんが第84回日本血液学会学術集会で招待講演をしました。
2022年10月12日
吉見昭秀さんがBioJapan 2022で受賞講演しました。
一覧

研究室の紹介

我々の研究室では、「がんのRNA異常」を中心テーマとして研究を進めています。

最近、様々ながんにおいてRNAスプライシング因子に遺伝子変異が見つかり、スプライシング変異を持つがんの頻度は、病気や病型によっては80%にも上ることがわかりました。

一方で、スプライシング変異による発がん機序はほとんど解明されておらず、またスプライシング変異を標的とした治療法開発も始まったばかりで、取り組むべき課題は山積しています。

我々の研究室では、スプライシング解析や分子生物学的手法、動物モデル、臨床と連携した研究・前臨床試験などを駆使して、RNA異常を持つがん患者さんに、より優しい検査・優れた治療法をお届けするべく、研究に取り組んでいます。

また、Translational Researchや大規模コホートのMulti-Omics解析、国立がん研究センターバイオバンクの患者検体(>48万件)を使った各種スクリーニングやPDXモデル(樹立~Pre-clinical study)、国立がん研究センター中央病院で実施中の臨床試験の附随研究など、がんに関わる様々な研究に取り組んでいます。

 Splicing_Cancer_2022.jpg

研究実績

  • 23万件のRNA-seq解析からSplicing-associated variantsを検出(Shiraishi Y, et al. Nature Communications accepted)。
  • 白血病でスプライシング異常とDNAメチル化亢進が協調して病態を悪化させることを発見(Yoshimi A, et al. Nature 2019)。
  • 全がん解析により、慢性リンパ性白血病でSF3B1変異がMYC/BCL2を活性化させることを報告(Liu Z*, Yoshimi A*,#, et al. Cancer Discovery 2020)。
  • ALK受容体の構造をベルギーゲント大学のチームと解明(De Munck S et al. Nature 2021)。
  • 新規臨床グレードスプライシング阻害剤を開発(Seiler M*, Yoshimi A*, et al. Nature Medicine 2018)。
  • 世界初の慢性骨髄単球性白血病PDXモデルを開発(Yoshimi A, et al. Blood 2017)。

<研究者募集中!!> 当分野の研究プロジェクトに興味をお持ちの方へ

がんRNA研究分野では、RNA異常を持つ様々ながんを対象に研究を行っています。
下記のような方(ポスドクの方、大学院進学を考えている方)を常時募集しています。

また、研究室昇格に伴い、2022年9月から常勤研究員ポストが2名分追加となりました。
2022年10月20日で応募を締め切りとさせていただきました。

募集中!! >

  • RNAスプライシングに興味のある方。
  • 新しい解析技術に取り組んでみたい方。
  • 海外の研究室と共同研究してみたい方。
  • より臨床に近い視点から治療法開発に取り組みたい方。
  • 将来的に海外留学を考えている方。

連携大学院制度・任意研修制度を使って学位を取得することが可能です。
将来的に海外留学を考えている方も歓迎します。
見学や相談は随時受け付けておりますので、お気軽に吉見昭秀(ayoshimi●ncc.go.jp(●を@に変更してください))までご連絡ください。
下記の講演なども予定していますので、ぜひお声がけください。


CRR_Japanese_20220829_HP

講演予定

2023年
02月22‐24日 日米血液学会(吉見昭秀・Hawaii)[invited]
03月18日 SAMURAI研究会(吉見昭秀)[invited]

取材・報道関係