コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 食道外科 > 食道がんの治療

食道がんの治療

当院では下図の通りがんの進行度分類に基づいて初期治療を行っています。

がんの進行度分類に基づく初期治療

 

食道がんの治療は手術だけではありません。内視鏡治療あるいは化学療法(抗がん剤)や放射線療法があり、それぞれの特徴があります。以下にそれぞれの治療に関して詳しく説明します。

内視鏡治療

内視鏡を使って癌を切除します。リンパ節転移がない早期がん(ステージ0あるいはステージI)が内視鏡治療の適応となります。

ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)

粘膜下層に薬液を注入し、病変を電気メスで徐々に剥ぎ取る方法

ESD

ESD手技の実際:食道がん


手術

ステージII/IIIが主な適応です。手術前に化学療法(抗がん剤)によってがんを小さくしてから手術を行うことでより有効な治療と考えられています。詳しくは「食道がんの手術について」をご覧ください。

主にシスプラチンと5-FUの2種類の抗がん剤を2コース投与する場合と、シスプラチン、5-FU、ドセタキセルの3種類の抗がん剤を3コース投与してから手術を行う場合があります。以下にそのスケジュールをお示しします。

手術スケジュール

根治的化学放射線療法

ステージIV及びII/IIIで手術を希望されない方が適応となります。以下に治療スケジュール例を示します。

根治的化学放射線療法スケジュール

欧米では、化学放射線療法を行った後に手術をする方法が一般的であり、その有効性に関しては本邦においても臨床試験によって検証中です。

食道がんの患者それぞれに対し、最適な治療を目指して

内視鏡治療・放射線治療・化学療法。いずれの治療も各専門チームが担当して行いますが、手術治療を行う外科チームを含め、チーム間での密な連携のうえ患者様ひとりひとりに合う最適な治療を行っています。