トップページ > がん登録センター

がん登録センター

がん登録センターでは、正確で役に立つがんの統計情報を整備します。

活動

がん登録推進法に基づき、全国がん登録および院内がん登録を推進するとともに、 国内外の機関と協力しつつ、がん登録の標準化と精度向上を実施することで、正確な がん統計情報を作成し、発信します。

  • 全国がん登録は…
わが国で発生したすべてのがんを把握し、罹患率・生存率を算出して、日本及び都道府県のがん対策の課題を見つけ、評価します。
  • 院内がん登録は…
がん診療連携病院等の医療機関で診療を受けたがん患者の数、特性、診療内容を把握し、生存率を算出して、施設のがん診療の実態を把握します。

がん登録の標準化と精度向上を推進します。

罹患率や生存率は、がん登録の方法や精度によって、大きな影響を受けます。がん対策に必要ながんの実態把握のためには、高い精度で標準化されたがん登録を行う必要があります。院内がん登録は2007年から全都道府県をカバーしたがん登録を実施してきましたが、2016年から全国がん登録が発足して、がんの届出が全ての病院の義務となったことで、正確ながんの発生数を算出していく素地が整いました。正確な統計のためには、以前のデータとの整理が必要となり、制度の安定には、まだ時間が必要ですが、継続的な改善を通じて正確な罹患統計を整えていきます。

がん登録を担う人材を育成します。

標準的ながん登録を、高い精度で実施するためには、充分な数の、正確な知識と経験をもつがん登録実務者が必要です。がん登録の実務者のための標準的なテキストを作成し、全国がん登録および院内がん登録の実務に必要な技能の習得を目的とする研修会を開催する他、資格認定試験を実施し、一定の知識と技術を習得した実務者の育成に努めます。また、WEB教育システムの整備も行います 。

国民にわかりやすいがんの統計情報を発信します。

がん登録によって収集したデータをもとに、がんの死亡、罹患、生存率について、正確な統計情報を整備します。 がんの統計情報を誰もが適切に解釈できるように、わかりやすい説明を添えて提供します 。

がん対策の立案と評価に利用できる統計情報を提供します。

がんの予防、早期発見、診断、治療、緩和ケアなどに関する統計情報を幅広く収集します。 がんに関する統計情報を総合的に分析することによって、がん対策の立案と評価に役立つ情報を整備します 。