トップページ > がん医療支援部

がん医療支援部

がん医療支援部は、全国のがん医療ネットワークを介してがん診療連携拠点病院等とともに、情報共有・課題の検討・政策提言などを行うネットワークハブの機能を担うとともに、がん拠点病院等に対して、研修の提供、病理診断コンサルテーション、放射線治療品質管理支援、PDCAサイクルの活用のよるがん医療の均てん化支援などを実施しています。

また、地方自治体に対して、がん検診精度管理支援やがん対策担当者向け研修を提供しています。

さらに、患者さんが亡くなる前に利用した医療や療養生活に関する実態調査を実施し、現状の課題を明らかにするとともに、地域全体で緩和ケアを推進する地域緩和ケア連携調整員の育成を実施しています。


活動

がん医療のネットワークハブ機能の運営と推進

がん医療の均てん化を目指して、全国のがん医療ネットワークを運営しています。

▶都道府県がん診療連携拠点病院連絡協議会  https://ganjoho.jp/med_pro/liaison_council/index.htmlがん情報サービス医療関係者向けサイトへリンク
▶全国がんセンター協議会  https://www.zengankyo.ncc.go.jp/ (外部サイトへリンクします)

研修の推進

国立がん研究センターではがん医療の均てん化を推進することを目指し、がん診療連携拠点病院等の医療従事者等に対する研修を企画・調整していきます。
また、がんのあらゆる相談の第一線となるがん診療連携拠点病院の相談支援センターで相談業務に携わる者の資質の向上等のため、相談支援センターの相談員向けの研修を実施しています。

詳しくは、がん情報サービスをご覧ください。

がん情報サービス医療関係者向けサイト  研修 https://ganjoho.jp/med_pro/training/index.html ●


その他の活動については以下のプロジェクトからご覧ください。