コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 広報活動 > プレスリリース(2022年度)

プレスリリース(2022年度)

2022年9月30日
CAP(米国臨床病理医協会) 認定を取得
世界標準の高精度データに基づいた、質の高い診療を患者さんに提供
2022年9月29日
大規模公共トランスクリプトームデータを活用した疾患関連変異の新規スクリーニング手法の開発 蓄積が進むオミクスデータからの自律的な知識獲得基盤の実装に向けて
2022年9月27日
がんゲノム医療のさらなる拡大へ向けた一歩 コンピュータ解析で意義不明変異のなかに治療標的となる新たな遺伝子変異を発見
2022年9月27日
がんをはじめとする未解決の疾患への革新的治療創出 ワンストップで実現する 「再生医療プラットフォーム」産学連携で千葉県柏の葉に構築
2022年9月27日
小児悪性脳腫瘍において新規の遺伝子異常を発見 発症メカニズム未解明の髄芽腫の治療開発に向けた基礎研究の大きな一歩 -Nature誌に論文発表-
2022年9月14日
膵がん患者血液中で変化するアポリポ蛋白A2アイソフォーム濃度を測定する体外診断用医薬品の製造販売承認申請について
2022年9月8日
果物・野菜摂取と死亡リスクとの関連について 多目的コホート研究(JPHC研究)からの成果
2022年9月6日
悪性リンパ腫の大規模ゲノム解析 ~単一遺伝子疾患型が存在する可能性~
2022年9月5日
JPHC研究「血中鉄代謝マーカー濃度とがん罹患リスクとの関連について」(外部サイトにリンクします)
2022年8月24日
現在の化学療法が進行・再発例の標準治療として確立 希少かつ難治がんの神経内分泌がん(NEC)で大規模臨床試験が実現 今後さらに有効な治療法の開発が期待
2022年8月5日
2cm以上の早期大腸がんに対して内視鏡治療(ESD)が治療の第一選択となり得ることを前向きコホート研究で確認 早期治療による術後QOLと生存率向上が期待
2022年8月4日
超微量の突然変異の測定法を新規開発 抗がん剤治療後の正常に見える血液細胞での突然変異の増加を確認 二次性がんが生じにくい治療法の開発や発がんリスク予測への応用を期待
2022年8月4日
日本と欧米の大腸がん治験・臨床試験データ約43,000例を共有―ARCADデータベースプロジェクトで国際的なデータシェアリング環境を構築しがん医療の研究開発を促進―
2022年8月1日
井上真奈美 がん対策研究所部長が国際がん研究機関科学評議会議長に就任 アジア圏及び日本から初めての選出 日本と世界のがん対策の推進に貢献
2022年7月21日
国際がん研究機関と共同研究開始生活習慣とがんサバイバーの生活の質や予後との関連を調査 科学的根拠を蓄積しがんサバイバーの生活の質の向上を目指す
2022年7月15日
ステロイドの術前予防投与で食道がん手術後の在院死亡および呼吸不全のリスクを軽減できることを示唆 -国内医療ビッグデータからの知見-
2022年7月1日
血液がんに対する包括的ゲノムプロファイリングのための遺伝子パネル検査の有用性を検証-血液がんに対するゲノム医療の可能性を示す-
2022年6月28日
国立がん研究センター中央病院などで膠芽腫(こうがしゅ)(悪性脳腫瘍)に対する糖尿病治療薬メトホルミンと抗がん剤の併用療法の有効性を評価する先進医療(第II相臨床試験)を開始
2022年6月21日
肺がんゲノムのフェージング解析を駆使した突然変異の染色体背景の解明
2022年6月20日
国立がん研究センター東病院敷地内に立地、がん患者さんをサポートするホテル「三井ガーデンホテル柏の葉パークサイド」 2022年7月1日開業(計145室)
2022年6月20日
三井ガーデンホテル柏の葉パークサイドにてがん患者さん向けの「メイクアップアドバイスセミナー」を定期開催
2022年5月31日
成人年齢とたばこについての世論調査結果 成人18歳、喫煙20歳年齢制限下の意識や課題を調査
2022年5月30日
病理組織画像からがんの遺伝子異常を予測する新規スクリーニングシステムVirtual Sequencingを開発~病理学とAIの恊働による次世代病理学の創生を目指して~
2022年5月18日
DNAメチル化キャプチャ法を用いたDNAメチル化関連解析により腎細胞がんと関連する新規DNAメチル化バイオマーカー候補を発見
2022年4月15日
10万人以上を対象としたBRCA1/2遺伝子の14がん種を横断的解析-アジアに多い3がん種へのゲノム医療の可能性-
2022年4月6日
緩和ケアおよび相談支援・情報提供機能の充実に関する提案書を提出
2022年4月5日
宇宙観測技術で分子イメージングの新技術を開発!-医学生物学研究での応用へ-
2022年4月1日
【多目的コホート研究(JPHC study)】血中CRP(C反応性蛋白)濃度とがん罹患リスクとの関連について(外部サイトにリンクします)