コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 受診・相談案内 > 特殊外来 > 陽子線治療について > 陽子線治療の概要

陽子線治療の概要

陽子線治療の特徴

放射線治療は、放射線をがんの病巣に照射し、がん細胞にダメージを与え、増殖能力を奪います。しかし同時に周辺の正常な細胞に対しても放射線はダメージを与えるため、その結果として臓器の障害を引き起こしてしまう可能性が生じます。がんの病巣に集中して放射線を当てつつ、正常な組織への影響は最小限に抑えることが、良い放射線治療につながります。

そこで陽子線の「止まる」という性質が活きてきます。陽子線は一般的に診療で用いられる放射線であるX線と比べ、「止まる深さ」で「細胞へのダメージ」が最大になり、その後方へはほとんど影響しません。さらに陽子線のエネルギーによって「止まる深さ」が決まります。「止まる深さ」をコントロールすることで、がんに集中して放射線を当てることが可能になります。

当院では人体内の深さ25センチメートルまで陽子線を到達させるため、235メガ電子ボルトという数値の陽子線を生成可能です。これは速度で表すと光速の約60%、1秒で地球4周半に相当します。巨大な装置を用いてこのような高エネルギーの陽子線を扱っています。

陽子線治療の特徴 図

陽子線治療の実際

最初に治療のための準備を行います。まずは治療中の体の動きを抑えるための固定具をつくります。それに引き続きCT検査を行います。そのCTにもとづき、放射線腫瘍医や医学物理士、放射線技師が治療の計画を立案します。また、ボーラス・コリメータといった患者さん専用の特殊な器具を作製します。この過程に数日を要します。その後、治療を開始します。

治療は装置のベッドに寝た姿勢で受けていただきます。治療は原則として1日1回、週3回から5回行い、合計4回から40回程度繰り返して完了します。この回数は病気の種類・進行度・部位などによって異なります。1回の治療時間は約15分から30分です。

2015年10月より、前立腺癌において、複雑な形状の腫瘍に対応できる「陽子線ラインスキャニング照射法」による治療を開始しており、世界最先端の治療を行う事も可能です。 従来の方法よりも直腸の線量を下げることが出来、有害事象の低減が期待されております。

陽子線治療における臨床試験の取り組み

現在当院では以下の5つの臨床試験を実施しております。

  1. EC-CPT-P1
    内容:臨床病期IB/II/III(T4を除く)食道癌に対する陽子線治療を用いた根治的化学放射線療法の第I相試験
  2. HTC001-04
    内容:切除不能、局所療法不適の肝細胞癌に対する陽子線治療の多施設共同臨床試験
  3. HTC001-05
    内容:切除不能かつ化学療法非奏効または不耐例の肝内胆管癌に対する陽子線治療の多施設共同研究
  4. JCOG1315C
    内容:切除可能肝細胞癌に対する陽子線治療と外科的切除の非ランダム化同時対照試験
  5. PC001-01
    内容:所限局性前立腺がん中リスク症例に対する陽子線治療の多施設共同試験

費用について

陽子線治療に要する費用は2,883,000円です。陽子線治療は厚生労働省より先進医療として認可されたもので、陽子線治療に関わる費用は保険適応外になります。その他の検査や入院、または化学療法などの薬物療法などは保険適応になります。つまり、本治療以外の保険診療はすべて通常どおりに扱われます。

平成27年4月から小児がん(限局性の固形悪性腫瘍)は保険適応となり、当院でも小児がんに対する陽子線治療を実施しています。現在切除可能な初発・単発・結節型肝細胞癌、最大径3センチメートル超、12センチメートル未満、全身状態や肝機能良好の20歳以上79歳以下の患者さんにおきましては、多施設共同臨床試験にて陽子線治療を行っております。陽子線治療に要する費用は1,600,000円で治療可能です。 詳細につきましては、お問い合わせください。

適応について

当院では現在、以下の疾患を陽子線治療の適応としています。詳細については、お問い合わせ先まで個別にお問い合わせください。

脳腫瘍(原発性のみ)、頭蓋底腫瘍(脊索腫・軟骨肉腫など)、頭頸部腫瘍、肺がん、食道がん、肝細胞がん、転移性肝がん(単発で他の部位に転移がないもの)、骨軟部肉腫、前立腺がん、小児がん、などが適応となります。

  • I期非小細胞肺癌 照射前画像

    I期非小細胞肺がん 照射前

  • 照射後画像

    照射後