コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 看護部 > 看護部を知る > 看護部長メッセージ

看護部長メッセージ

看護部長

 

国立がん研究センターは、「社会と協働し、全ての国民に最適ながん医療を提供する」の理念のもと、「革新への挑戦と変革」「職員の全ての活動はがん患者のために!」をスローガンとして職員が一丸となって最良の医療の提供を目指しています。

国民の2人に1人ががんに罹患する中、治療成績の向上や治療方法の多様化に伴い、がん患者さんの長期生存や社会復帰が可能になりました。しかしがんを宣告された患者さんご家族にとって、がん罹患は大きな出来事です。同時に治療選択や、療養生活への不安、社会生活との両立等、多くの課題に直面します。

患者さんに最も近い存在にある看護師は、高い知識や技術に裏付けられた豊かな感性で、患者さん一人ひとりの揺れ動く心に寄り添い、患者さんご家族が自らの意思で治療や療養を選択できるよう支援する「安らぎのある看護」の提供に努めています。

当院では、入院中はもちろん、初診の段階から患者さんご家族が抱える課題を共に考え、治療選択に必要な情報の整理や生活への影響、治療と社会生活との両立に必要な準備を整える体制をはじめ、安全に治療を継続するための身体、精神、生活面での支援、在宅療養や緩和ケア等、患者さんのその時々に最良のケアを提供できるよう、多職種と連携した支援体制を整えています。

これらの体制には、がん領域における専門的な知識や技術を要することから、基盤整備や、職員への教育等には、がん看護分野における高度な実践力を持つ、専門看護師、認定看護師が関わっています。

当院看護部の教育体制は「より質の高い看護を実践できる人材の育成」を目的としたがん専門病院におけるキャリアラダーに基づいて、組織役割遂行能力、倫理的行動、研究推進などを軸に構成しています。何からでも学ぶ姿勢を大切に、臨床現場に直結し患者さんご家族に還元できる教育を目指すとともに、しなやかな思考と行動のもとに、「学んで輝き生き生きと動く」をモットーに魅力ある職場づくりを心がけています。

がん医療は日々変化しています。我々看護師は常に新たな知識や技術を獲得し自ら創造する力を培うとともに、どのような変化の中でも「人々の生命の尊厳を守る」という責務を果たすために、倫理的思考をもとに目の前の患者さんご家族に思いを巡らせ生活を推し量り最適な看護を提供する「がん看護の本質」を追求し続けたいと思います。