コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > お知らせ > 東病院主催「最新のがん手術方法」 をテーマにした市民公開講座を開催

東病院主催「最新のがん手術方法」 をテーマにした市民公開講座を開催

国立がん研究センター東病院では、2017年10月14日、オープンキャンパスの一環として、地域のみなさま向けに「最新のがん手術方法」をテーマにした市民公開講座を開催しました。身体の負担が少ない低侵襲(ていしんしゅう)の手術と、手術にまつわる生活面での問題などについて、医師だけでなく看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士が紹介しました。

1014_1.jpg

第一部

きずの小さな手術の最前線/外科医

第二部<最新の手術を支える医療チーム>

手術といわれたら?こころとからだの準備/看護部
手術のあと、なに食べる?どう食べる?/栄養管理室 
手術にまつわるお薬のお話/薬剤部
手術後寝たきりにならないために~術前から始めるリハビリの重要性~/骨軟部腫瘍・リハビリテーション科

 

当日は雨でお足元が悪い中、柏市内だけでなく、近隣の市や県外からもお越し頂きました。

司会は当院副院長・NEXT医療機器開発センター長の小西が務め、第一部は、最新の手術方法「腹腔鏡(ふくくうきょう)手術」や「ロボット手術」について、肝胆膵外科医の小林が解説しました。

  • 1014_2.jpg
  • 1014_3.jpg

「腹腔鏡(ふくくうきょう)手術」は従来の手術よりも傷が小さく、手術後の回復も早いため、患者さんの負担が軽減される最先端の手術で、そのメリットや特徴をご紹介しました。

当院では、より多くの患者さんに、より質の高いがん治療を提供するため、2017年5月、次世代外科・内視鏡治療開発センター(通称NEXT)を開設しました。最先端の治療を行う施設として、国内でもトップクラスの手術症例件数を誇っています。

第二部は「最新の手術を支える医療チーム」として、看護部、薬剤部、栄養管理室、リハビリテーション科の4つの部門から、手術にまつわる問題や大切なことについてご紹介しました。

  • 1014_4.jpg

    看護部
    「手術といわれたら?こころとからだの準備」
    ・東病院でのサポート体制について
    ・手術に臨むために大切なこととは

  • 1014_5.jpg

    栄養管理室
    「手術のあと、なに食べる?どう食べる?」
    ・1日に必要な栄養量とは
    ・消化管手術の後の食べものと食べ方について

  • 1014_6.jpg

    薬剤部
    「手術にまつわるお薬のお話」
    ・東病院での薬剤師の役割について
    ・特に注意が必要な薬とは
    ・お薬の飲み方のアドバイス

  • 1014_7.jpg

    骨軟部腫瘍・リハビリテーション科
    「手術後寝たきりにならないために~術前から始めるリハビリの重要性~」
    ・手術前後のリハビリとは
    ・運動習慣の重要性について

最後は、参加者の皆さまからの質問について、5人の講演者がお答えし、講座は終了しました。

講演後に回収したアンケートでは、「今後取り上げてほしいテーマ」などについて、多くの貴重な意見を頂きました。今後講座を開催する際の参考にし、より多くの方々にお越し頂けるよう努めてまいります。

当日の各講演者の資料は、下記「関連リンク」からダウンロードできます。ぜひご覧ください。