コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 内科系 > 血液腫瘍科 > 研究について

研究について

治療成績の向上を目指してより良い標準的治療を確立するための臨床研究を行っています。当科では、全国的な多施設共同研究として、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)と日本成人白血病研究グループ(JALSG)に参加しています。また新薬の開発研究も様々行われています。また、これから細胞・免疫療法の新たな臨床試験が始まります。

プロジェクト紹介
Hematologic Malignancies (HM)-SCREEN-JAPAN

産学連携全国がんゲノムスクリーニング事業
HM-SCREEN-Japanの概要

HM-SCREEN-Japanは、国立がん研究センターが全国の医療機関と協力して個別化医療を実現するために実施するがん患者の遺伝子スクリーニング事業です。

本事業の目的は、(1)有効な治療薬をがん患者に届けること(がんの遺伝子スクリーニング、遺伝子解析の結果に基づいた治療開発および診断薬の開発のサポート)、(2)新規診断技術の迅速な臨床導入を促進し、最適なMultiplex診断薬を臨床応用することです。

HMpic2.png

包括的ゲノムプロファイリングアッセイ(FoundationOne®Heme)について

FoundationOne®Heme (F1H)は、米国Foundation Medicine社(Foundation Medicine Inc.、以下「FMI」)により開発された、血液悪性腫瘍(白血病、リンパ腫、および骨髄腫)および肉腫患者の腫瘍のホルマリン固定パラフィン包埋(以下「FFPE」)検体から、がん関連遺伝子を網羅的に解析するためのハイブリッドキャプチャーベースの次世代シークエンサーを用いたDNAシークエンス診断システムです。

F1Hは、406遺伝子の完全なコード領域と同時に、再編成に関与する31遺伝子の選択されたイントロン配列を分析します。さらに、遺伝子融合をよりよく同定するために、再編成が高頻度に認められる265の遺伝子のRNA配列(cDNA)についても分析を行います。F1Hは、すべての種類の遺伝子異常(塩基置換、挿入/欠失、コピー数異常、遺伝子融合)を一括検出します。

本研究における遺伝子検査については、FMI(150 Second Street, Cambridge, MA 02141, USA)にて実施され、検査結果が研究事務局と各参加施設に報告されます。また、研究代表者は、委託した業務が適切に行われているか中外製薬株式会社より定期的に報告を受け、問題があった場合には指示を行い、当該措置が講じられたことを確認します。

本研究の意義について

本邦からはJALSGが遺伝子異常に関して報告していますが対象が65歳未満に限定されており、日常診療で多く遭遇する65歳以上の患者を含んだこれらの遺伝子異常の割合を多数例で包括的に検討した本邦の報告はありません。また、本研究で用いられるMultiplex遺伝子診断薬は、上記の治療標的となりうるがん関連遺伝子の多くの解析が可能であり、AMLではこれまでほとんど同定されていないfusion geneの検出も可能です。これらの遺伝子異常の情報は、新たな治療開発のための疫学情報として重要であり、 また早期試験への効率的な症例登録に繋がることも期待されるため、本研究の立案に至りました。

研究期間

  • 登録期間:2018年9月4日~2021年3月31日まで (登録完了しました)
  • 研究期間:2018年9月4日~2022年1月8日まで

共同参加施設

国立がん研究センター東病院、 大阪大学医学部附属病院、 福井大学医学部附属病院、東京医科大学、 名古屋第一赤十字病院、 愛育病院、 愛知県がんセンター中央病院、京都府立医科大学附属病院、 NTT東日本関東病院、 成田赤十字病院、 鹿児島大学、浜松医科大学、 秋田大学医学部附属病院、 札幌医科大学附属病院、高知大学医学部附属病院、 山口大学医学部附属病院、 国立がん研究センター中央病院

研究成果の発表

 学会発表

 第82回日本血液学会学術集会

[OS-13-3] 造血器腫瘍におけるNGSを用いた遺伝子フ゜ロファイリンク゛の実現性及び有用性の検討
[OS-13-6] 急性骨髄性白血病におけるFLT3阻害薬使用中のゲノムプロファイル解析
[OS-14-2] 多施設共同観察研究HM screen Japan 01の中間解析結果
[OS-21-6] 急性骨髄性白血病におけるFlt3変異の重要性:HM-SCREEN 01試験の中間解析より   

Annual Meeting of American Society of Hematology 2020

[615] Genomic Analysis of FLT3 Mutations in a Comprehensive NGS Multicenter Study of AML: HM-Screen-Japan 01
[617] Interim Analysis of Hematologic Malignancies (HM)-Screen-Japan 01: A Mutation Profiling Multicenter Study of Patients with AML

業績一覧

雑誌論文(英文)


2020年度

K Izutsu, Y Minami, N Fukuhara, Y Terui, T Jo, G Yamamoto, T Ishikawa, T Kobayashi, T Kiguchi, H Nagai, T Ohtsu, S Kalambakas, P Fustier, S Midorikawa, and K Tobinai. Analysis of Japanese patients from the AUGMENT Phase III study of lenalidomide + rituximab (R2) vs rituximab + placebo in relapsed/refractory indolent NHL. Int J Hematol, 111(3), 409-416, 2020 [PubMed]
J Yuda, J Odawara, M Minami, T Muta, K Kohno, K Tanimoto, T Eto, T Shima, Y Kikushige, K Kato, K Takenaka, H Iwasaki, Y Minami, Y Ohkawa, K Akashi, and T Miyamoto. TKIs induce alternative spliced BCR-ABLIns35bp variant via inhibition of RNA polymeraseII on genomic BCR-ABL. Cancer Sci, 111(7), 2361-2373, 2020 [PubMed]
M Murata, R Suzuki, T Nishida, S Shirane, Y Shimazu, Y Minami, T Mori, N Doki, Y Kanda, N Uchida, M Tanaka, J Ishikawa, K Togitani, T Fukuda, T Ichinohe, Y Atsuta, T Nagamura-Inoue, and H Kiyoi. Allogeneic hematopoietic stem cell transplantation for post-essential thrombocythemia and post-polycythemia vera myelofibrosis. Intern Med, 59(16), 1947-1956, 2020 [PubMed]
K Miyamoto and Y Minami. Cutting edge molecular target therapies for acute myeloid leukemia. Int J Mol Sci, 21(14):5114, 2020 [PubMed]
M Eguchi, Y Minami , A Kuzume, and SG Chi. Mechanisms Underlying Resistance to FLT3 Inhibitors in Acute Myeloid Leukemia. Biomedicines, 8(8):245, 2020 [PubMed]
A Kuzume, SG Chi, N Yamauchi, and Y Minami. Immune-checkpoint blockade therapy in lymphoma. Int J Mol Sci, 21(15):5456, 2020 [PubMed]
J Nagasaki, Y Togashi, T Sugawara, M Itami, N Yamauchi, J Yuda, M Sugano, Y Ohara, Y Minami, H Nakamae, M Hino, M Takeuchi, and H Nishikawa. The critical role of CD4+ T cells in PD-1 blockade therapy against classical Hodgkin lymphoma expressing MHC class II. Blood Adv, 4 (17), 4069-4082, 2020  [PubMed]
T Shichijo, D Maruyama, N Yamauchi, A Miyagi Maeshima, M Sugano, S Yuda, K Tajima, H Kurihara, K Shimada, T Suzuki, K Toyoda, S Makita, S Fukuhara, W Munakata, T Suzuki, Y Kobayashi, H Taniguchi, Y Minami, K Izutsu, and K Tobinai. Transformation Scoring System (TSS): A new assessment index for clinical transformation of follicular lymphoma. Cancer Med, 9(23):8864-8874, 2020 [PubMed]
S Izumi, Y Minami , S Masuda, Y Utsu, E Sakaida, and N Aotsuka. Emergence of natural killer cell large granular lymphocytes during gilteritinib treatment in acute myeloid leukemia with FLT3-ITD mutation. Reports, 3(3):25, 2020 [MDPI]
R Tabata, SG Chi, J Yuda, and Y Minami. Emerging immunotherapy for acute myeloid leukemia. Int J Mol Sci, 22(4):1944, 2021  [PubMed]
Yamauchi N, Maruyama D, Choi I, Atsuta Y, Sakai R, Miyashita K, Moriuchi Y, Tsujimura H, Kubota N, Yamamoto G, Igarashi T, Izutsu K, Yoshida S, Kojima K, Uchida T, Inoue Y, Tsukamoto N, Ohtsuka E, Suzuki S, Inaguma Y, Ichikawa S, Gomyo H, Ushijima Y, Nosaka K, Kurata M, Tanaka Y, Ueda R, Mizokami M, Kusumoto S. Prophylactic antiviral therapy for hepatitis B virus surface antigen-positive patients with diffuse large B-cell lymphoma treated with rituximab-containing chemotherapy. Cancer Sci. 2021 Feb 12 (Online ahead of print) [PubMed]
Ohmachi K, Kinoshita T, Tobinai K, Ogawa G, Mizutani T, Yamauchi N, Fukuhara N, Uchida T, Yamamoto K, Miyazaki K, Tsukamoto N, Iida S, Utsumi T, Yoshida I, Imaizumi Y, Tokunaga T, Yoshida S, Masaki Y, Murayama T, Yakushijin Y, Suehiro Y, Nosaka K, Dobashi N, Kuroda J, Takamatsu Y, Maruyama D, Ando K, Ishizawa K, Ogura M, Yoshino T, Hotta T, Tsukasaki K, Nagai H. A randomized phase 2/3 study of R-CHOP vs CHOP combined with dose-dense rituximab for DLBCL: the JCOG0601 trial. Blood Adv. 2021 Feb 23;5(4):984-993 [PubMed]
Nozaki K, Maruyama D, Maeshima AM, Tajima K, Itami J, Shichijo T, Yuda S, Suzuki T, Toyoda K, Yamauchi N, Makita S, Fukuhara S, Munakata W, Kobayashi Y, Taniguchi H, Izutsu K, Tobinai K. The role of local radiotherapy following rituximab-containing chemotherapy in patients with transformed indolent B-cell lymphoma. Eur J Haematol. 2021 Feb;106(2):213-220 [PubMed]
Tabata R, Sato N, Yamauchi N, Guo YM, Nakamura H, Nagata A, Song-Gi C, Minami Y, Yuda J. Cytomegalovirus reactivation in patients with multiple myeloma administered daratumumab-combination regimens. Ann Hematol, 2021 Apr 16 (Online ahead of print) [PubMed]
Yuda J, Yamauchi N, Kuzume A, Guo YM, Sato N, Minami Y. Molecular remission after combination therapy with blinatumomab and ponatinib with relapsed/refractory Philadelphia chromosome-positive acute lymphocytic leukemia: two case reports. J Med Case Rep, 15(1):164, 2021 [PubMed]
Terao TYuda JYamauchi N, Guo YM, Shimada K, Sugano M, Ishii G, Minami Y. Brentuximab vedotin maintenance after autologous stem cell transplantation for refractory gray zone lymphoma with long‐term remission. MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY. 2021 Apr 23 (Online ahead of print)  [SPANDIDOS]

雑誌論文(和文)

2020年度

南陽介中村洋貴:BCL-2阻害薬の作用機序と増血器腫瘍対する治療:がん分子標的治療 第18巻 第1号:114-117、2020年
江口基紀、小林進、南陽介:がんに対する分子標的薬抵抗性の病態とその克服:血液内科 第80巻 第3号:450-454、2020年
湯田淳一朗:チロシンキナーゼ阻害薬の機能喪失型BCR-ABLIns35bp変異体の誘導機構とその臨床的意義. 血液内科 第82巻第3号 : 286-294
Kuzume A, Yuda J, Abe M, Yamaguchi T, Hisano M, Yamauchi N, Nakamura H, Nagata A, Song-Gi C, Kaku E, Nakamura S, Miyazaki Y, Minami Y. Disseminated aspergillosis due to Aspergillus udagawae during immunosuppressive treatment for myelodysplastic syndrome. Rinsho Ketsueki. 2021;62(1):51-54. [PubMed]
Sato N, Yuda J, Yamauchi N, Kuzume A, Nakamura H, Chi S, Nagata A, Kaku E, Nishizawa A, Minami Y. Successful treatment with silver nitrate chemical cauterization for paronychia and granulation in a patient with chronic lymphocytic leukemia undergoing ibrutinib therapy. Rinsho Ketsueki. 2021;62(1):35-41.  [PubMed]

書籍

2020年度

湯田淳一朗. 第II章 臨床腫瘍学の基礎. 15 各種抗がん薬. 4 分子標的治療薬. B 小分子化合物 3BCR/ABL阻害薬,KIT阻害薬. 新臨床腫瘍学改訂第6版. (ISBN 978-4-524-22739-6)
湯田淳一朗, 松村到. AML に対するVenetoclax の有効性. 急性白血病診療テキストエキスパートに学ぶ. (ISBN 978-4-498-22522-0)
南陽介, 江口基紀. 今日の疾患辞典, 2020年
南陽介. 新臨床内科学:1077-1080, 2020年
江口基紀, 南陽介. 今日の患者説明資料, 2020年
南陽介, 江口基紀. 白血病治療マニュアル(改訂第4版):140-144, 2020年 (ISBN 978-4-524-22664-1)
南陽介. 新臨床腫瘍学(改訂第6版), 2020年 (ISBN 978-4-524-22739-6)