コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・共通部門 > 内科系 > 血液腫瘍科 > 血液がんについて

血液がんについて

分かりやすい血液がんの解説

1.白血病1(慢性骨髄性白血病 CML)

60歳を超えると発症数が多いと言われている「慢性骨髄性白血病」
今後、高齢化とともに罹患率も増加することが予想されています。
治療の進歩著しい、がんについて正しい情報を知ることが重要です。
この動画では、そんな「慢性骨髄性白血病」について詳しく解説していきます。

2.悪性リンパ腫1(悪性リンパ腫の検査と診断)

血液がんのなかで、最も頻度が高い悪性リンパ腫について、実際の検査と診断の進め方を、わかりやすく解説します。

3.悪性リンパ腫2(悪性リンパ腫の治療と副作用

血液がんのなかで、最も頻度が高い悪性リンパ腫の治療と副作用について、わかりやすく解説します。

4.多発性骨髄腫1(多発性骨髄腫の症状・検査・治療)

近年、治療の進歩も著しい多発性骨髄腫の症状・検査・治療について、わかりやすく解説します。

5.白血病2(急性骨髄性白血病 AML

近年、治療の進歩も著しい急性骨髄性白血病の症状・検査・治療について、わかりやすく解説します。

6.血液がん治療の最前線1(サイトカイン放出症候群 CRS

近年、治療の進歩も著しい免疫細胞治療の副作用について、わかりやすく解説します。

7.血液がん治療の最前線2(免疫細胞関連神経毒性症候群 ICANS )

近年、治療の進歩も著しい免疫細胞治療の副作用について、わかりやすく解説します。

8.骨髄異形成症候群1(病態)

高齢者に多く発症する、骨髄異形成症候群の治療について、わかりやすく解説します。

9.骨髄異形成症候群2(治療)

高齢者に多く発症する、骨髄異形成症候群の治療について、わかりやすく解説します。

更新日:2024年4月8日