コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > レジデントプログラム > 1日体験プログラム > 骨軟部腫瘍科

骨軟部腫瘍科

レジデント1日体験プログラム骨軟部腫瘍科

集合写真

募集要項・研修概要・診療科紹介

研修内容や各研修プログラムコースの詳細は下記をご覧ください。
注:テキストまたは画像をクリックするとPDFが開きます。

  • 2023年度募集要項(骨軟部腫瘍科概要)の画像
  • 2023年度募集要項(研修内容)の画像

東病院 骨軟部腫瘍科のPRポイント

特徴

東病院骨軟部腫瘍科は、昨年度から新しく新設された若い診療科です。 すべての施設・大学からのレジデント、がん専門修練医を受け入れます。 2名の骨軟部腫瘍治療のスペシャリストがマンツーマンの体制で指導し、次 世代リーダーの育成を目指します。 臨床では、原発性骨軟部腫瘍、転移性骨腫瘍の診断および治療計画の立案を 行い、最終的には、治療実施および評価を自ら行えるようになること目標と しています。 研究では研修期間に応じたテーマで学会発表、論文作成を目指します。

教育体制

非常に若い診療科のため、少人数で効率的な研修が可能です。また、毎週のカンファレンス、抄読会など、レジデントの能力に合わせた指導を行うようにしています。

1日体験プログラム情報

複数日程の体験

お勧めの曜日

水曜日(手術+カンファレンス)

対応の難しい日

特になし

備考

日程、見学内容についてはなるべくご希望に添えるように調整いたしますので、ご相談ください。

参加申込・お問い合わせ

参加申込はメールにて承ります。詳細はこちらからご覧ください。

各種参加申し込み

科長からのメッセージ

骨軟部腫瘍科長 中谷 文彦

中谷 文彦(なかたに ふみひこ)

東病院 骨軟部腫瘍科は患者さん、ご家族に寄り添った診療をモットーにしています。

一方で、常に考えることを怠らず、世界トップレベルでの診断治療を行うこと目標に、次世代のリーダー育成を目指しています。