コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > ご来院の方へ > セカンドオピニオン > 「オンラインがん相談」を希望される方へ > 先端医療科 担当医のご紹介

オンラインがん相談先端医療科 担当医のご紹介

先端医療科

担当医

土井 俊彦(どい としひこ)写真
  • 科長(先端医療開発センター長)  
    土井 俊彦(どい としひこ)
  • 専門医・認定医資格など:
    日本消化器病学会 消化器病専門医・指導医
    日本内科学会 認定内科医・指導医
  • 対象疾患:固形腫瘍全般、GIST

担当医

久保木 恭利(くぼき やすとし)
  • 医長(研究実施管理部長)
    久保木 恭利(くぼき やすとし)
  • 専門医・認定医資格など:
    日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医、指導医
    日本内科学会 総合内科専門医、指導医
  • 対象疾患:固形腫瘍全般

担当医

湯田 淳一朗 (ゆだ じゅんいちろう)
  • 医員(血液内科医長)
    湯田 淳一朗(ゆだ じゅんいちろう)
  • 専門医・認定医資格など:
    日本内科学会 認定内科医
    日本血液学会 血液専門医、指導医
    日本造血細胞移植学会 造血細胞移植認定医
  • 対象疾患:血液腫瘍全般
注:湯田医師の相談日は、火曜日・水曜日・木曜日となります。

担当医

小金丸 茂博(こがねまる しげひろ)
  • 医員  
    小金丸 茂博(こがねまる しげひろ)
  • 専門医・認定医資格など:
    日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医、指導医
    日本内科学会 総合内科専門医、指導医
  • 対象疾患:固形腫瘍全般

現在、ガイドラインにかかれている標準治療は、おおくの患者さんのデータに基づいて強く推奨されるものです。これらの標準治療として現在、がん患者さんが投与されている薬剤は、このおおくのデータの蓄積を経て厚生労働省が承認しているものです。

一方で、私たち先端医療科の行っている早期開発治験(第1相試験)は、まだ、一般の臨床では使用されていない研究段階の薬剤をもちいた治験をおこないます。そのため薬剤の安全性や効果を段階的に小数例の患者さんに投与させていただきながら、治験を行っています。セカンドオピニオンやオンライン相談では標準治療が終了した患者さんへの新薬治療の可能性を説明させていただくことになります。また、国内では承認されていない薬剤で海外では承認されている治療法の情報についてお話をさせていただくこともあります。

対象のがん種は、固形がん全般(頭頸部がん、肺がん、乳がん、消化管がん、肝臓・胆道・膵臓がん、婦人科がん、泌尿器がん、肉腫など)、血液がんになります。幅広いがん種にたいして対応させていただいていますが、ご提案が困難な場合、治療をすることの条件が満たさない場合もあります。

基本的には、標準的な治療で効果が得られなくなった患者さんが対象になりますが、最近では、血液やがんの組織を利用したゲノム検査の結果やタンパク質などのお薬の標的となる目印の情報を用いて、標準治療中でも新薬治療が受けられる場合もありますが、事前の情報の確認が重要な場合があります。

オンラインがん相談では相談(勧奨)が主体のため、既に特定の治験への参加をご希望されている場合は、直接ご来院いただく通常の医療相談や初回診療のご予約をお願いする場合があります。

早期開発治験(第1相試験)を行なっている病院は日本でもごくわずかであり、十分な情報も公開されていない場合や、また少人数のみしか参加できない場合、参加のためには条件をクリアする必要もあるため、遠方の方、お忙しくて来院が難しい患者さん御本人や御家族はまずぜひオンラインでの相談をご活用ください。

相談日

相談日は、月曜日から金曜日の10時から11時(1枠)となります。
血液腫瘍に関するご相談の場合は、問診票に湯田医師を希望する旨を記載し、火曜日・水曜日・木曜日で相談予約をお取りください。

診療枠

  • 先端医療科の診療科案内はこちら
  • banner02
    オンラインがん相談の
    ご予約はこちら
    (外部サイトにリンクします)