コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 遺伝子診療部門 > がんゲノム医療について > 検査の流れ

検査の流れ

  1. 担当医や専門的知識を有するがんゲノム医療コーディネーターが検査の説明(インフォームドコンセント)を行います。
  2. 遺伝子解析を行う腫瘍組織が解析対象として適当か確認します。
  3. 必要な場合は採血を行います。
  4. 腫瘍組織(および血液)からDNAを抽出し、解析を行います。
  5. 網羅的遺伝子変化の解析結果は、院内の複数の専門家で構成されるエキスパートパネルによって、「意義づけ」が行われます。
  6. 遺伝子解析結果を担当医へ返却します。
  7. 担当医から遺伝子解析結果を説明します。

 検査の流れ