コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 薬剤部 > 一般・患者の方へ > 便秘について

主な抗がん剤の副作用とその対策便秘について

抗がん剤により腸管運動が低下して便秘が起こります。
また、制吐剤や鎮痛薬によっても便秘が引き起こされます。
食事の量・内容の変化や体を動かさないことも原因となります。

主な便秘の薬

  • 腸の動きを強める
    • センノサイド
    • ピコスルファートナトリウム
  • 便の水分を保ち、便が硬くなるのを防ぐ
    • 酸化マグネシウム
  • 腸液の分泌を促して便を柔らかくする薬
    • ルビプロストン   
  • 医療用麻薬による便秘に対して用いる
    • ナルデメジン     

質問:便秘の時にはどんな点に気をつけて生活すればよいですか?

便秘について イメージ図

回答:腸管の動きを活発にしたり、硬い便をやわらかくしたりすることが大切です。

  • 水分を十分とり、野菜や芋類などの繊維の多い食品をとるようにしましょう。
  • 無理のない程度の軽い運動をするようにしましょう。
  • 排便の習慣をつけるために、毎日同じ時間に排便を試みましょう。
  • 便意を催したら我慢せずにトイレに行きましょう。