コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > レジデントプログラム > 1日体験プログラム > 放射線品質管理室

放射線品質管理室

医学物理士レジデントを希望される方へ

当該レジデントの特色としては、東・中央病院の両施設で、3年間の医学物理業務を中心とした臨床研修を受けることができます。対象は、医学物理士の試験合格者のみならず、今後、医学物理士の資格取得を目指すものも含め、医歯薬理工学と幅広い分野からの出身者を対象としています。チーム医療および医療安全の観点から求められる医学物理士の資質、能力を育む研修プログラムとなっており、スタッフの豊富な経験、様々な放射線治療機器、卓越したチーム医療を通し、幅広い臨床経験を得ることができると考えています。3年間ではありますが常勤職員として採用されますので、安定して医学物理業務の研修を行うことができます。

関連リンク

レジデント1日体験プログラム 放射線品質管理室

放射線品質管理室

受入日

通年

注:新型コロナウィルスの流行状況により変更あり

備考

対象:修士号(見込みも含む)を取得し、以下のいずれかの要件を満たす方

  • 一般財団法人医学物理士認定機構(以下、認定機構)の医学物理士認定を有している者
  • 認定機構の認定の医学物理教育コースの大学院の博士号取得者ないし、 取得見込みの者
  • 上記以外の博士号取得者ないし、取得見込みの者
  • 認定機構の認定の医学物理教育コースの大学院の修士号取得者ないし、 取得見込みの者
  • 上記以外の修士号取得者ないし、取得見込みの者

多数の応募があった場合、ご希望に沿えないことがあります。あらかじめご了承ください。

1日体験プログラムの内容

2時間程度で以下をご案内いたします。

  • 部署紹介、施設見学
  • 医学物理士レジデントの概要説明
  • 現役医学物理士レジデントやスタッフとの座談会

当日の都合により変更となることがあります。あらかじめご了承ください。

参加申込・お問い合わせ

参加申込はメールにて承ります。詳細はこちらからご覧ください。

先輩レジデントからのメッセージ

黒川 聖悟(第1期医学物理士レジデント)

黒川 聖悟

私は、最先端のがん医療で研究や治験を行っている当院において、その一員として携わりたいと思い入職しました。
当レジデントプログラムでは主に、放射線治療に関連する装置の品質管理や様々な症例に対する治療計画について学んでいます。また、レジデント向けの講義や症例カンファレンスへの参加によって医学の基礎的な知識を身に付けることもできます。
日々現場にいる医学物理士の先輩方をはじめ、他職種のスタッフが一丸となり、より安全かつ質の高い治療を提供するために、論文調査やディスカッションを行う姿を間近で見ることができ、刺激的かつ有意義な時間を過ごしています。
医学物理業界の最前線で活躍し、国内の放射線治療部門を先導している優しくかっこいい先輩方から多くを学び、経験を積み重ねることで医学物理士としての基盤を徐々に築き上げております。レジデントは3年間という限られた時間ですが、どのように過ごすかは自分自身の行動力にあると思います。
医学物理士レジデントに興味があるみなさんには、まずはレジデント1日体験にぜひお越しいただき、当院の雰囲気を感じてほしいです。

放射線品質管理室からのメッセージ

橘 英伸

当センターでは、がん医療に精通した医学物理士の養成を目的とし、2021年度に医学物理士レジデント制度を開始しました。

どういった人材を募集しているか。

第1にやる気と行動力です。医療系出身にせよ、理工学系出身にせよ、大学や大学院での教育を利用できるということは少なく、実際の医学物理業務にほとんど携わったことがない方が入職されます。新しいことだらけで、覚えることも多いです。今までの土台を生かせることもあるかと思いますが、ほぼ全てその場で新しく構築するに近い状態になると思いますので、やる気と行動力が重要です。

第2に、実績でしょうか。修士号や博士号の過程で得た知識、臨床で得てきた知識を、研究開発に生かす。医療系と理工学系は良く対比されますが、それぞれ良さがあります。医療現場に対する理解度という面では医療系出身者が良いかもしれませんが、長期的な研究開発という点においては理工学の出身者の知識というものが重要になってきます。レジデント制度は毎年3名と決まった枠の中で、人選を我々がするわけですが、結果的には医療系と理工学系の採用人数は同等です。

医学物理士の仕事内容は病院によって違いがあります。中央病院と東病院でも違うところがあります。

医学物理士の仕事内容が全くわからない。しかし、医療系の知識や理工学系の知識を医学に活かしたい、だけど何をするのかわからない、というかたは、是非この機会に、当院における医学物理士レジデントの一日を体験してみてください。