コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > レジデントプログラム > ごあいさつ

ごあいさつ

副院長(教育担当) 秋元哲夫 写真

国立がん研究センターはがんの診療・研究の拠点として、がんの予防から診断、治療、研究と横断的に我が国の日進月歩のがん医療の中心的な役割を果たしています。その原動力は、がん医療の将来の担い手として当センターでの研修や研究を希望するみなさんのような若い力です。国立がん研究センター東病院は1992年に開院して以来、レジデント制度で多くの医師、研究者を輩出しています。特に当院は各診療科や研究分野の垣根なく、幅広い分野の臨床研修や研究が選択可能です。これまでに皆さんが習得した技能や臨床能力をさらに伸ばす、最良な環境が整備されていると考えています。

当院のスタッフの多くにもレジデント卒業生がいますが、全国の癌診療拠点病院で中心的な役割を果たしている卒業生や、大学に教職として戻り医学生や大学スタッフの指導にと、卒業後も幅広い進路を選ぶことができます。また、がん医療の研究以外に、慶応大学、順天堂大学、東京慈恵医大などと連携大学院制度を有しており、研究をしながら学位取得も可能であるため、現在も多くのレジデントやスタッフが連携大学院に入学して学位研究をしています。これまでほぼ全員が期間内に学位取得ができており、その後押しをするカンファレンスや事務部門も整備されています。現在、これから始まる新専門医制度に対応するプログラムや他大学との連携の準備を進めており、スムーズな専門医資格取得が可能になります。

私自身も当センターのレジデント出身者ですが、卒業後に大学での教育に長く関わってきた経験から、当センターならびに当院での研修は、他の研修では得られない貴重で有意義なものであると自信をもって言えます。百聞は一見にしかず、是非一度当院を体験して頂き、スタッフや先輩レジデントの話しを聞いてください。皆さんと一緒に切磋琢磨できることを期待しています。

国立がん研究センター東病院 副院長(教育担当) 秋元哲夫