トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 新領域創成プロジェクトグループ > 希少がん研究分野 > 個別化医療の実現を目指した肺がんのプロテオーム解析-肺腺がんの術後再発症例に対しgefitinibを処方した際の奏功性を予測するためのバイオマーカーの開発-

個別化医療の実現を目指した肺がんのプロテオーム解析-肺腺がんの術後再発症例に対しgefitinibを処方した際の奏功性を予測するためのバイオマーカーの開発-

近藤 格

関連論文

  1. Tetsuya Okano, Tadashi Kondo, Kiyonaga Fujii, Toshihide Nishimura, Toshimi Takano, Yuichiro Ohe, Koji Tsuta, Yoshihiro Matsuno, Akihiko Gemma, Harbumi Kato, Shoji Kudoh, Setsuo Hirohashi. Proteomic signature corresponding to the response to gefitinib (Iressa, ZD1839), an epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor in lung adenocarcinoma. Clin Cancer Res,13, 799-805, 2007. [PubMed](外部リンク)