コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 外科系 > 頭頸部外科 > 頭頸部(とうけいぶ)の病気と治療について > 上顎洞(じょうがくどう)がん

上顎洞(じょうがくどう)がん

上顎洞とは

鼻は主として空気の通り道となる鼻腔と、その周囲に鼻腔とつながる空洞である副鼻腔に分けられます。副鼻腔は上顎洞、前頭洞(ぜんとうどう)、篩骨洞(しこつどう)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)の4つに分けられます。上顎洞はこれらの内、頬の内側にある副鼻腔(ふくびくう)です。

上顎洞がんとは

上顎洞がんは上顎洞内から発生するがんです。鼻副鼻腔がんの中で最も頻度が高く、発症要因としては喫煙、副鼻腔炎などが挙げられます。

症状

鼻閉(びへい/鼻づまり)、鼻出血、膿(うみ)のような鼻汁が主な症状です。さらに病変が増大すると顔面の腫脹、視力低下や複視(物が二重に見えること)などが出現します。

診断

確定診断には腫瘍を一部採取し、顕微鏡で組織・細胞を確認する病理検査が必要です。また浸潤(しんじゅん)、転移の有無を確認するために必要に応じてCTMRI検査などの画像検査を施行します。

治療方法

鼻・副鼻腔領域は脳や眼球などの重要な臓器に囲まれた領域であるため、視機能、咀嚼(そしゃく)・嚥下(えんげ/ものを飲み込む)機能、また顔貌(がんぼう)など、整容面に配慮した治療が必要です。そのため手術、放射線、薬物療法を組み合わせた集学的治療が行われます。
上顎洞がんに対しては、上顎部分切除で腫瘍を切除した後、放射線治療と浅側頭(せんそくとう)動脈から抗がん剤の動注を併用する、いわゆる「三者併用療法」を行っています。

また、近年では「選択的動注化学療法併用放射線治療」を行っています。大腿動脈からカテーテルを挿入して、上顎洞の腫瘍を栄養する血管に、直接シスプラチンという抗がん薬を注入しながら放射線治療を行う手法です。腫瘍に高い濃度のシスプラチンを注入することができるため、高い治療効果が期待されるだけでなく、手術による顔貌の変化を避けることができるため、注目されている治療法です。