コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > ご来院の方へ > 入院について > お部屋のご案内

お部屋のご案内

当院では8階個室病棟のA・B・C個室、一般病棟のD、E個室、F病室、緩和ケア病棟の7種類の特別病室を用意しております。入室を希望される方は、入院予約時にお申し出ください。

ただし、入室を希望されていても、入院日が決定した時点で空き部屋がない場合には、一般病室に入室していただくことになりますので、予めご了承ください。

料金について

  1. 特別病室の料金は、午前0時を起点として暦上の日数で計算いたしますので、入院日・退院日・移室日も1日料金として取扱いさせていただいております。例えば、1泊2日の場合は2日分の使用料となります。
  2. 一般病棟の特別病室から料金の異なる特別病室への移室の際のその日の室料は、料金の高い病室の方で計算しております(2部屋分としては計算しておりません)。ただし、緩和ケア病棟の特別病室への移室の際は、移室した当日から緩和ケア病棟特別病室の料金で計算いたします。
  3. 特別病室料金は課税対象のため、消費税が含まれております。
  4. 特別病室の料金はさまざまな設備・備品等を完備した病室としての部屋代であり、診療・看護に関しては、有料病室以外の方と同様になります。

各病室のご案内

8階病棟(A・B・C個室)

  • 8階病棟は特別病室(A・B・C個室)専用のフロアです。A個室は2021年5月に、B個室、C個室は2014年6月に全病室の内装・備品のリニューアルが完了し、より快適にお過ごしいただけるようになりました。
  • すべての病室でパジャマ、バスタオル、タオルを無料でご利用いただけます(毎日交換)。
  • お食事(常食・軟菜食)は、食材・品数・器などに配慮した「彩り御膳」をご用意しております。
  • 彩り御膳の一例

  • パジャマ・タオル

A個室(2021年5月リニューアル)

  • photo.jpg
  • photo.jpg
  • photo.jpg
  • photo.jpg
  • 料金:88,000円(税込)1日につき
  • 面積:49.8平方メートル
  • 室数:1
  • 設備・備品:リビングスペース(リビングテーブル・椅子4脚・冷蔵庫・調理台・流し台)、バス・トイレ(浴槽・シャワー・洗面台・トイレ)、応接セット(デスク・椅子・ソファー2人掛け1台・1人掛け2台・ローテーブル・テレビ)、クローゼット、収納ユニット

B個室

  • 料金:44,000円(税込)1日につき
  • 面積:33.1平方メートル
  • 室数:10
  • 設備・備品:ユニットバス(浴槽・シャワー・洗面台・トイレ)、ミニキッチン(調理台・流し台)、応接セット(ソファーベッド)、リクライニング椅子、テレビ、冷凍冷蔵庫、クローゼット、収納ユニット

C個室

  • 料金:24,200円(税込)1日につき
  • 面積:16.5平方メートル
  • 室数:23
  • 設備・備品:トイレ、洗面台、テレビ、冷凍冷蔵庫、収納ユニット、テーブル・椅子

一般病棟(D個室)

  • 料金:19,800円(税込)1日につき
  • 面積:16.5平方メートル
  • 室数:28
  • 設備・備品:トイレ、洗面台、テレビ、冷凍冷蔵庫、収納ユニット・チェスト、椅子

一般病棟(E個室)

  • 料金:11,000円(税込)1日につき
  • 面積:14.0平方メートル
  • 室数:3
  • 設備・備品:洗面台、テレビ、冷凍冷蔵庫、収納ユニット・チェスト、椅子

一般病棟(F病室)

  • 料金:3,300円(税込)1日につき
  • 面積:6.4平方メートル
  • 室数:132
  • 設備・備品:テレビ、冷凍冷蔵庫、収納ユニット、椅子、洗面台(共用)

緩和ケア病棟(Palliative Care Unit : PCU)について

緩和ケア病棟は本館・外来棟とは別の独立した建物内にあります。広々とした中庭に面しており、あたたかくゆったりとした空気が流れています。

  • 料金:22,000円(税込)1日につき
  • 面積:20.2平方メートル
  • 室数:12
  • 設備・備品:トイレシャワーユニット、洗面台、テレビ、冷凍冷蔵庫、収納ユニット・チェスト、テーブル・椅子、ソファーベッド、電動リクライニング椅子

緩和ケア病棟とは

緩和ケア病棟では、抗がん治療を行わない患者さんに対して、2つの目的をもって診療にあたっています。

  • 1つ目の目的は、入院中のからだの状態で目標にできる程度まで症状を和らげることを目指すことです。
  • 2つ目の目的は、ご自宅で過ごしたい患者さんを積極的に支援するために、在宅療養支援診療所や訪問看護ステーションなどと連携し、ご自宅への退院の準備を行うことです。

2017年は全入院患者の20%の患者さんがご自宅へ退院されました。在宅療養を続けることが難しくなった時には、緩和ケア病棟に再入院することも可能なようにバックアップ体制をとっています。 遠方の患者さんは、ご自宅の近くの病院で対応できるように紹介しています。

このように、ご自宅で過ごしたい患者さんを積極的に支援する体制をとっている結果、それぞれの患者さんの入院期間は平均17日程度と短くなっています。
長期(1カ月以上)のご自宅以外での療養を希望される患者さんには、ご自宅の近くの病院や施設などへの転院や入所をお願いしています。

緩和ケア病棟の25床という限られた病床を、できるだけ多くの患者さんに有効に利用して頂くために、以下の入院基準を設けています。ご理解とご協力をお願いします。

入院基準

  1. 在宅療養を困難とする身体的・精神的症状があり、緩和医療科医師の診察の結果、PCUへの入院が適当と判断される
  2. PCUへの入院に本人が同意している
  3. 症状が軽減した場合には、退院または転院となる旨に同意している
  4. ただし、上記2、3に関して本人が認知症、せん妄等により同意能力に問題がある場合には代理人の同意とする

入院について

当院に通院中または入院中の場合は、担当の医師に相談ください。
他院に通院中または入院中の場合は、サポーティブケアセンター/がん相談支援センター(電話番号:04-7134-6932)にお問い合わせください。

診療実績

  • 入院患者数 472名 (令和3年4月1日から令和4年3月31日まで)
  • 平均在院日数 14.4日

地域連携の強化から入院患者に関しては近隣の医療圏の方が大半を占めています。

入院に関する情報