コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 共通部門のご案内 > レディースセンター > レディースセンターのご案内 > 1.妊孕性(にんようせい)相談・対応
─将来の妊娠・出産への希望に備えて─

1.妊孕性(にんようせい)相談・対応
─将来の妊娠・出産への希望に備えて─

妊孕性(にんようせい)温存

がん患者さんへの病気に対する治療は最優先ですが、手術や薬物療法、放射線などの治療により、将来の妊娠・出産への機能が低下したり、なかには諦めなくてはならない方がいらっしゃいます。近年そのような患者さんに対して、妊娠・出産の希望を残せるような医療を提供できるようになってきました。それが妊孕性温存です。具体的には病気(がん)に対する治療前に、受精卵や卵子・精子、場合により卵巣の組織を採取し、凍結保存することで、将来それを用いて妊娠・出産するというものです。

病気(がん)への治療が始まる前の辛い時期ではありますが、患者さんへ妊孕性温存のご希望をアンケートで伺います。また現在治療中の方も相談は可能です。妊孕性温存を希望される方へは、当院と連携を行っている施設へスムーズに受診できるよう、紹介先の先生へ直接お電話し、当日~数日以内に予約紹介させて頂く体制を整えました。

病気(がん)になっても諦める必要はありません。私たちレディースセンターのスタッフが希望を与えるお手伝いをさせて頂きます。

 

東病院レディースセンターにおける妊孕性温存への体制図

妊孕性温存への体制図