コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 共通部門のご案内 > NEXT医療機器開発センター > NEXT医療機器開発センターについて

NEXT医療機器開発センターについて

NEXT医療機器開発センターについてイメージ

NEXT医療機器開発センターは産学官・医工連携で臨床ニーズに基づいた次世代に望まれる革新的医療機器を開発します。医療機器企業、ものづくり企業、アカデミアそして地域との連携で医療機器開発を推進するとともに、臨床試験・治験のフィールドで医療機器開発を支援します。また、国内最先端のインキュベーション施設として人材を育成、情報を発信します。

ご挨拶

国立がん研究センター東病院は、これまでも医療機器開発に力を注いできた歴史がありますが、2017年5月に開設したNEXT棟2階に医療機器開発センターを設置したことにより、さらに進化した機器開発を実現していきます。

NEXT棟には手術室、内視鏡センターと機器開発センターがコンパクトにおさまっており、産学連携拠点として複数の開企業やアカデミアが入居することにより、臨床現場と機器開発現場が密接した環境を整備しております。また当院は2015年に臨床研究中核病院を、さらに2017年には特定機能病院を取得したこともあり、治験・先進医療を含めた臨床研究の基盤整備が十分できております。このような研究基盤に加え、開発機器治験を行う手術室や内視鏡室、模擬手術室等の整備により、革新的医療機器の速やかな製品化、臨床導入が可能となっております。医療機器開発センターは最先端のインキュベーション施設として、臨床ニーズと産学シーズのマッチングから臨床導入まで、日本発の革新的な医療機器開発を目指しています。

さらに次世代の外科治療・内視鏡治療を普及させるための情報発信と人材育成の体制も整備いたしました。手術室・内視鏡センターと機器開発センターを結ぶライブ映像システム、外科・内視鏡トレ―ニング室、手術・内視鏡教育プログラムの作成、セミナー開催など情報・人材育成の発信源としての役割も担っていきます。

医療機器開発センター長
小西 大

沿革

2017年5月8日

次世代外科・内視鏡治療開発センター(Center of New Surgical and Endoscopic Development for Exploratory Technology ; 通称NEXT)開設 同センターに医療機器開発センター開設

2019年4月1日

機器開発コーディネーター室を廃止。機器開発コーディネーター機能を当院臨床研究支援部門機器開発推進部に移管

アクセス

お問い合わせ/NEXT医療機器開発センター事務局

国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院
NEXT医療機器開発センター事務局(担当:田邉)
電話番号:04-7130-0199 (直通)
Mail:yukotana●east.ncc.go.jp(●を@に置き換えてください)