コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 臨床研究支援部門 > 部門紹介

部門紹介

研究監査室

室長

桑木 多佳子

桑木 多佳子 (くわき たかこ)

研究監査室では、がんに係る医薬品・医療機器の開発・改良のための臨床研究の品質保証の一環として、臨床研究が関連する法規制、実施計画書、手順書等を遵守して実施されていること、データの信頼性、研究実施のためのシステムが適切に構築されていることを独立した立場で評価し、臨床研究の信頼性を向上させる役割を果たします。

倫理審査事務室

室長

尾崎 雅彦

尾崎 雅彦 (おざき まさひこ)

人を対象とする研究を実施する際には、研究計画の倫理的・科学的妥当性について審査を受けることが必須とされおり、研究者からは独立した立場から審査が行われています。倫理審査事務室では、厚生労働大臣の認定を受けた、臨床研究法に基づく東病院臨床研究審査委員会を運営しています。また、研究支援センター被験者保護室と連携して、人を対象とする医学系研究に関する倫理指針等に基づく倫理審査委員会事務局を担当しており、適切かつ効率的な審査のあり方を継続的に検討しています。

室員

  • 原田 裕紀
  • 近江 理香
  • 柳澤 かおり
  • 鎌田 隼
  • 中山 円
  • 田井 総子

産学連携支援室

室長

スタッフ 男性シルエット

小石原 保夫 (こいしはら やすお)

産学連携支援室は、医師主導治験及び臨床試験に関わる契約案件に関して、契約書の知的財産・権利関係の法務レビュー或いは契約全体のコンサルティングを行い、契約支援を行っています。また、医師主導治験及び臨床試験から得られる成果の知財化(職務発明)を支援し、企業等との特許共同出願を行っています。

室員

  • 1名

臨床研究支援部門

研究企画推進部

mhl3818.png

部長

佐藤 暁洋

佐藤 暁洋 (さとう あきひろ)

早期臨床開発の臨床試験/医師主導治験では、後期開発とは違った機動性、柔軟性とともに、しっかりと次に開発を引き継ぐために薬事法・GCP等の関連法規を遵守した信頼性の高い結果を出すことが求められます。研究企画推進部では、これらが両立できる組織を目指して体制整備を行っています。

事務担当

  • 石川 年江
  • 牧島 麻紀子
  • 田原 こずえ

研究企画室・薬事管理室

室長

布施 望

布施 望 (ふせ のぞむ)

研究企画室では、がんに係わる医薬品・医療機器の開発・改良を目的とした臨床研究の支援の企画・立案、産学連携の推進および臨床研究に関する契約の審査・関連法務に関する業務を行います。
薬事管理室では、がんに係わる医薬品・医療機器の開発・改良を目的とした臨床研究の実施に必要な薬事に関する法令についての情報収集および規制当局との相談を行います。

薬事管理室員

  • 尾崎 雅彦
  • 依田 雄介
  • 元永 伸也
  • 冨岡 穣 

研究推進室

mhl3865.png

室長

福谷 美紀

福谷 美紀 (ふくたに みき)

研究推進室では、がんに係わる医薬品・医療機器の開発・改良のための臨床研究の運用、治験関連文書作成およびモニタリングに関する支援を行っています。

室員

  • 小野 宏美
  • 佐藤 令奈
  • 田村 仁美
  • 中本 昌子
  • 福井 誠
  • 三家本 祐一
  • 飯田 しのぶ
  • 鈴木 充子
  • 高橋 浩治
  • 高草 舞子
  • 石黒 有輝子
  • 淺野 雅俊
  • 古谷 秀樹
  • 牧島 麻紀子
  • 小西 彩子
  • 小村 悠
  • 久保田 瞳
  • 篠原 理恵

データ管理室

室長

坪木 秀知(つぼき ひでのり)

池田 裕弥(いけだ ゆうや)

 

室員

  • 岩崎 奈津子
  • 本郷 恭子
  • 鳥羽山 かおり
  • 樋口 月子
  • 平野 奈美
  • 松田 請子
  • 吉田 顕臣
  • 菅 祐哉
  • 池野 敬
  • 塚本 和子
  • 淺田 孝一
  • 山田 真弓
  • 佐野 優一

支持・緩和研究開発支援室

室長

全田 貞幹 (ぜんだ さだもと)

全田 貞幹 (ぜんだ さだもと)

支持・緩和研究開発支援室では 支持療法、緩和ケアに関する研究の手助けを行います。医師だけでなく看護師、薬剤師、栄養士、作業療法士などのメディカルスタッフの研究も支援いたします。特にメディカルスタッフの研究では競争的資金を獲得できるレベルの研究となるよう相談・助言を行います。

室員

  • 横山 まりゑ
  • 上園 保仁
  • 岡野 朋果
  • 嶋田 早苗

詳細は支持・緩和研究開発支援室のページをご覧ください

生物統計室

1.生物統計室とは

生物統計学とは、医療・医学、公衆衛生等に関わる研究課題に対して、どのような研究計画の下にデータを収集したらよいか(研究デザイン)、またそのデータをどのように解析したらよいか(統計解析方法)、どのように解釈できるかを研究する統計学の一分野です。 生物統計室では、東病院主導で行う医師主導治験を中心に、科学的に妥当で効率的な研究デザインの立案や解析計画の作成、データ解析や結果の公表への関与など、チームの一員として研究の遂行に携わっています。一部のメンバーは、これらの活動を研究支援センター生物統計部と連帯して行っています。

2.主な活動内容(実績)

「生物統計部」のページをご覧ください。

室員

  • 若林 将史
  • 鈴木 元子
  • 武田 裕里子

安全管理室

mhl3854.png

室長

元永 伸也 (もとなが しんや)

元永 伸也 (もとなが しんや)

安全管理室では、がんに係わる医薬品、医療機器、再生医療等製品の開発または改良を目的とした臨床研究の実施に必要な安全性情報について、法令に基づいた情報収集、文書作成等の支援を行っています。

室員

  • 藤城 法子
  • 布施 望
  • 米村 雅人
  • 尾崎 久美子

システム管理室

mhl3914.png

室長

青柳 吉博 (あおやぎ よしひろ)

青柳 吉博 (あおやぎ よしひろ)

システム管理室は臨床研究の品質向上のため、ITシステムの活用を推進しています。研究に関する情報を保護しながら利便性を高めるよう、サーバや端末等のハード面、プログラム・マスタ・コンテンツなどのソフト面の両面からシステムの運用・管理を行っています。

室員

  • 柳沢 由布子
  • 岩井 厚志
  • 寺尾 涼恵

トランスレーショナルリサーチ推進部

部長

吉野 孝之 (よしの たかゆき)の画像

吉野 孝之 (よしの たかゆき)

高品質な試料・臨床・基礎データを収集し、解析をサポートする部署です。研究者の思いと同様に、がん患者さんに新しい診断・治療を届けるため、全力で研究をサポートしています。国内にトランスレーショナルリサーチを推進する部署を設置している医療機関はなく、全国の医療機関のコアサポートセンターとして機能し、海外トップ施設に匹敵する成果を上げています。

トランスレーショナルリサーチ支援室

支援室集合写真

室長

坂東 英明 (ばんどう ひであき)の画像

坂東 英明 (ばんどう ひであき)

基礎研究から臨床開発の “橋渡し” を行う、いわゆるトランスレーショナルリサーチの推進のため、SCRUM-Japanを中心に東病院が行っている多施設共同研究の事務局業務を担っています。各施設の臨床医、病理医、基礎研究者と連携した幅広い研究(治験スクリーニング、シーズ開発、体外診断用医薬品、バイオマーカーの探索など)を支援し、がん医療の発展のために邁進しております。

医員

中村 能章 (なかむら よしあき)

中村 能章 (なかむら よしあき)

遺伝子パネル検査などで同定されたゲノムの異常に基づく「がんゲノム医療」の開発が国内外で盛んに行われています。われわれはSCRUM-Japanなどのトランスレーショナルリサーチの取り組みをサポートし、そこで蓄積されたゲノムデータの解析を通じて、がんゲノム医療を開発・実用化することを目指しています。また、血液でがんゲノムを解析するリキッドバイオプシーにも力を入れており、より低侵襲・迅速にがん患者さんに治療が届けられるよう尽力しています。

医員

藤澤 孝夫 (ふじさわ たかお)の画像

藤澤 孝夫 (ふじさわ たかお)

近年、がんゲノムを調べることで患者さんごとに最適な治療を届けるがんゲノム医療が進歩していますが、このためにはがんの病態を解明する基盤となるトランスレーショナルリサーチなどの研究が必要となります。私達はSCRUM-Japanを含むトランスレーショナルリサーチを推進しがんゲノム医療の発展に務めることで、がん医療の進歩の一助となれるよう尽力いたします。

トランスレーショナルリサーチ支援担当

  • 洞澤 智至
  • 三木 いずみ
  • 坂本 泰理
  • 一木 寛子
  • 畑 昌幸
  • 北島 佳奈
  • 湯浅 三保子
  • 倉本 尚美
  • 藤田 真由美
  • 本田 奈津子
  • 束岡 広樹 
  • 内形 洋志
  • 中村 珠美 
  • 三上 隆太
  • 長谷川 裕美

トランスレーショナルリサーチ検体管理室

室長

古賀 宣勝 (こが よしかつ)の画像

古賀 宣勝 (こが よしかつ)

トランスレーショナルリサーチにおいて患者さんから得られる血液や組織などの検体は医学の発展のために重要な試料です。トランスレーショナルリサーチ検体管理室では、東病院で取得される患者さん由来の研究試料について、採取・処理・保管・廃棄まで適切な管理を行うとともに各診療科および分野での研究試料の取扱いにかかわる教育および支援を行っています。

研究試料管理支援担当

  • 高橋 真理
  • 多田 康子
  • 中井 仁美
  • 北岡 智実
  • 竹島 友美枝
  • 佐藤 由美子

機器開発推進部

部長

高橋進一郎(たかはし しんいちろう)

高橋 進一郎 (たかはし しんいちろう)

がんの治療機器や診断機器、そして患者さんの療養の質が向上する機器の開発を支援しています。がん医療現場のニーズから生まれる医療機器を速やかに患者さんに届けられるようにサポートを行います。

機器開発推進室

室長

竹下 修由(たけした のぶよし)

竹下 修由 (たけした のぶよし)

これまで、消化器外科・内視鏡領域での臨床経験と、海外における医療機器開発について学んできました。臨床現場発の価値ある医療機器の創出に努めてまいります。

主任研究員

冨岡 穣(とみおか ゆたか)

冨岡 穣 (とみおか ゆたか)

医療器審査する立場で培った知識と経験を生かし、東病院発の医療機器開発を支援・促進することで医療の発展に貢献したいと考えています。患者さんのため、東病院のスタッフや企業、アカデミアと連携し、有用性が高く、安全性の確立した医療機器の早期臨床導入を目指していきます。

研究員(知財・契約担当職員)

中村 康司(なかむら やすし)

中村 康司(なかむら やすし)

知財・契約の管理を担当しています。
企業やアカデミアとのスピーディーな共同研究と
質の高い発明創出を支援していきます。   

 

シーズ開発推進部

部長

土原 一哉

土原 一哉 (つちはら かつや)

国立がん研究センター東病院の優れた医薬品、医療機器等及び医療技術の開発能力を最大化、持続化するためには、センター内外のアカデミアの基礎的な研究成果や、ベンチャー企業等の萌芽的な技術に基づくシーズを効率よく臨床開発に発展させる支援機能が求められます。また医師、臨床研究者に加え、看護部門等の広範な医療従事者の豊富な臨床経験に基づくニーズもセンターの強みであり、系統的な収集・分析によってシーズとのマッチングを進めることで、がんに対する革新的な医療開発に貢献したいと考えています。

シーズ開発支援室

室長

合川 勝二 (あいかわ かつじ)

合川 勝二 (あいかわ かつじ)

シーズ開発支援室では、国立がん研究センターのシーズ発掘、育成、導出に向けてサポートを行っています。EPOC研究者カタログを作成し、研究者の独創的なアイディアを外部に紹介し、企業とのマッチングを促進しています(EPOC_Researchers_catalog_2020_JPN.pdf (ncc.go.jp)EPOC_Researchers_catalog_2020_ENG.pdf (ncc.go.jp))。また、センター外シーズに関しても、センター内外、産官学のキーパーソンとマッチングを行い、ステージアップに貢献しています。

事務担当

  • 藤原 裕子 (ふじわら ゆうこ)

スタートアップ支援室

室長

竹下 修由(たけした のぶよし)

竹下 修由 (たけした のぶよし)

スタートアップ支援室では、がん領域における革新的な医療技術創出を目指すスタートアップ企業や創業準備中の研究者の方々に対し、当センターのリソースを活用した共同研究の提案や、臨床・研究開発・薬事規制等における専門家アドバイス・各種支援を実施します。センター外のベンチャーシーズとの連携や国立がん研究センター発ベンチャーの創出を推進し、ベンチャーキャピタルなど外部機関とも協力しながら革新的シーズのインキュベーションを進めてまいります。

研究実施管理部

研究実施管理部については、「臨床研究コーディネーター室、治験事務室紹介」(NCC管轄サイトへリンクします。)をご覧ください。