コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 臨床研究支援部門 > 部門紹介

部門紹介

研究監査室

研究監査室

室長

桑木 多佳子

桑木 多佳子 (くわき たかこ)

研究監査室では、がんに係る医薬品・医療機器の開発・改良のための臨床研究の品質保証の一環として、臨床研究が関連する法規制、実施計画書、手順書等を遵守して実施されていること、データの信頼性、研究実施のためのシステムが適切に構築されていることを独立した立場で評価し、臨床研究の信頼性を向上させる役割を果たします。

倫理審査事務室

倫理審査事務室

室長

尾崎 雅彦

尾崎 雅彦 (おざき まさひこ)

倫理審査事務室では、がんに係る医薬品・医療機器の開発・改良のための臨床研究について、研究倫理審査および治験審査に関する業務を行っています。

室員

  • 原田 裕紀
  • 近江 理香
  • 中島 晴美
  • 梅原 麻里
  • 嶋田 恵
  • 山田 美絵
  • 杉崎 一輝
  • 橋本(菊地)舞
  • 高木 奈都子
  • 尾崎 久美子
  • 須藤 裕美
  • 福田 則子

臨床研究支援部門

研究企画推進部

部長

佐藤 暁洋

佐藤 暁洋 (さとう あきひろ)

早期臨床開発の臨床試験/医師主導治験では、後期開発とは違った機動性、柔軟性とともに、しっかりと次に開発を引き継ぐために薬事法・GCP等の関連法規を遵守した信頼性の高い結果を出すことが求められます。研究企画推進部では、これらが両立できる組織を目指して体制整備を行っています。

事務担当

  • 石川 年江

研究企画室・薬事管理室

室長

布施 望

布施 望 (ふせ のぞむ)

研究企画室では、がんに係わる医薬品・医療機器の開発・改良を目的とした臨床研究の支援の企画・立案、産学連携の推進および臨床研究に関する契約の審査・関連法務に関する業務を行います。
薬事管理室では、がんに係わる医薬品・医療機器の開発・改良を目的とした臨床研究の実施に必要な薬事に関する法令についての情報収集および規制当局との相談を行います。

研究企画室員

  • 木練 優子
  • 坂東 英明

薬事管理室員

  • 米村 雅人
  • 尾崎 雅彦
  • 依田 雄介

研究推進室

室長

福谷 美紀

福谷 美紀 (ふくたに みき)

研究推進室では、がんに係わる医薬品・医療機器の開発・改良のための臨床研究の運用、治験関連文書作成およびモニタリングに関する支援を行っています。

室員

  • 小野 宏美
  • 黒田 咲子
  • 佐藤 令奈
  • 田村 仁美
  • 中本 昌子
  • 福井 佳奈
  • 福井 誠
  • 三家本 祐一
  • 飯田 しのぶ
  • 鈴木 充子
  • 阪本 幸子

データ管理室

室長

長谷川 裕美

長谷川 裕美 (はせがわ ひろみ)

データ管理室では、がんに係わる医薬品・医療機器の開発・改良を目的とした臨床研究の患者登録およびデータ管理を行っています。またこれらの実施に必要なシステム設定と管理およびプログラム開発を行っています。

室員

  • 岩崎 奈津子
  • 菅間 文子
  • 常田 恭子
  • 鳥羽山 かおり
  • 樋口 月子
  • 平野 奈美
  • 松田 請子
  • 矢野 美加
  • 吉田 顕臣
  • 菅 祐哉

生物統計室

主任

野村 尚吾

野村 尚吾 (のむら しょうご)

1.生物統計室とは
生物統計学とは、医療・医学、公衆衛生等に関わる研究課題に対して、どのような研究計画の下にデータを収集したらよいか(研究デザイン)、またそのデータをどのように解析したらよいか(統計解析方法)、どのように解釈できるかを研究する統計学の一分野です。 生物統計室では、東病院主導で行う医師主導治験を中心に、科学的に妥当で効率的な研究デザインの立案や解析計画の作成、データ解析や結果の公表への関与など、チームの一員として研究の遂行に携わっています。これらの活動は、研究支援センター生物統計部と連帯して行っています。

2.主な活動内容(実績)
「生物統計部」のページをご覧ください。

室員

  • 若林 将史
  • 小川 岳人(築地と兼務)

安全管理室

室長

米村 雅人

米村 雅人 (よねむら まさひと)

安全管理室では、がんに係わる医薬品・医療機器の開発または改良を目的とした臨床研究の実施に必要な安全性情報について、法令に基づいた情報収集、文書作成等の支援を行っています。

室員

  • 藤城 法子
  • 布施 望
  • 岡本 渉

システム管理室

室長

青柳 吉博

青柳 吉博 (あおやぎ よしひろ)

システム管理室は、臨床研究システムの活用を推進することで研究の質の向上に貢献しています。研究に関する情報を安全に活用できるように、サーバや端末等のハード面、プログラム・マスタ・コンテンツなどのソフト面の両面からシステムの管理、運用を行っています。

室員

  • 柳沢 由布子
  • 岩井 厚志

トランスレーショナルリサーチ推進部

トランスレーショナルリサーチ推進部

部長

土原 一哉

土原 一哉 (つちはら かつや)

網羅的ゲノム解析など、「オミックス解析」の進展はがんの基礎研究だけでなく、治療法の開発にも大きな影響を与えています。がんの個性に基づく治療法、これまでとは異なるコンセプトに基づく治療法を開発し実用化するために、早期開発、前臨床の段階から臨床家と基礎研究者がこれまで以上に緊密に連携することを心がけています。

バイオバンク・トランスレーショナルリサーチ支援室

室長

岡本 渉

岡本 渉 (おかもと わたる)

基礎研究から臨床開発までを一体的に行う、いわゆる“橋渡し研究”(トランスレーショナルリサーチ)の支援を行っています。基礎研究者、病理医、臨床医などが領域の垣根を越えて行う研究(シーズ開発、体外診断用医薬品・コンパニオン診断薬開発、バイオマーカー探索研究)を支援します。

バイオバンク・トランスレーショナルリサーチ支援室 シーズ開発担当

合川 勝二

合川 勝二 (あいかわ かつじ)

国立がん研究センター発のシーズをスムーズにステージアップさせるため、様々なサポートを行うと同時に、センター外シーズに対する協力体制も構築しています。また新しい視点から研究者のテクノロジーを見直し、センター内アセットの価値最大化を目指します。

バイオバンク・トランスレーショナルリサーチ支援室 バイオバンク担当(リサーチ・コンシェルジェ)

主任

中山 晶子

中山 晶子 (なかやま あきこ)

国立がん研究センターは、がんを克服するための医学研究に活用する目的で、血液や組織などの検体と付随する診療情報などを保管するバイオバンクを設立しています。私達リサーチ・コンシェルジェは、患者さんにバイオバンクの仕組みと重要性を分かりやすく説明し、安心して御協力を頂けるよう、心がけています。
バイオバンクについては「バイオバンク公式ホームページ」(NCC管轄サイトへリンクします。)をご覧ください。

トランスレーショナルリサーチ支援担当

  • 三木 いずみ
  • 須藤 智久
  • 田上 裕子
  • 嶋西 由美子
  • 林 彰子
  • 畑 昌幸
  • 寺崎 緑
  • 佐藤 舞

リサーチ・コンシェルジェ

  • 阿部 由紀子
  • 中谷 由美
  • 島田 千晶
  • 岡野 千琴

事務担当

  • 倉持 純子

研究実施管理部