コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 共通部門のご案内 > NEXT医療機器開発センター > 活動状況 > 2017年度の活動状況

2017年度の活動状況

共同研究契約

18件

特許出願

8件

研究費

9件

No.

研究費名

研究課題名

1

国立がん研究センターがん研究開発費29-A-10

内視鏡機器開発臨床試験体制基盤確立に関する研究

2

国立がん研究センターがん研究開発費29-A-3

成人固形がんに対する標準治療確立のための基盤研究(JCOG)

3

日本医療研究開発機構(革新的がん医療実用化研究事業)

難治性食道がんの治療方針決定に資する技術開発に関する研究

4

日本医療研究開発機構(医療機器開発推進研究事業)

大腸がん抑制を可能とする、人工知能にもとづく内視鏡診断支援ソフトウェア

5

日本医療研究開発機構(未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業)

内視鏡外科手術における暗黙知のデータベース構築と次世代医療機器開発への応用

6

国立がん研究センターがん研究開発費28-A-10

革新的外科手術機器・手技に関する外科的早期開発試験体制確立に関する研究

7

国立がん研究センター研究開発費29-シーズ選定-3

新規生体情報センシング・ドラッグデリバリーシステムのための消化管粘膜下アンカーデバイスの開発

8

公益財団法人 テルモ生命科学芸術財団 2017年度研究開発助成

血管内アプローチによる膵癌のアブレーションデバイスの開発

9

一般財団法人 鷹野学術振興財団 平成29年度研究助成

慢性便秘に対する超低侵襲治療のためのカテーテルデバイスの開発

薬事承認・認証取得支援

  1. 「ウイングドレーンチューブ」
    認証番号:228ADBZX00138000 
  2. 「エアシール・インテリジェント・フローシステム」
    医療機器認証番号:224ACBZX00040000
  3. 「エアシール・アクセスポート」
    医療機器認証番号:224ACBZX00042000

企業等からの医療機器開発に関する相談

21件 

セミナー・シンポジウム開催(共催含む)

23件 

No.

区分

開催名

内容

共催

1

2017

5

20

セミナー

Respiratory Endoscopy Technical Seminar

気管支鏡セミナー

アストラゼネカ

2

2017

6

26

セミナー

EUSセミナー

 

 

3

2017

7

4

ライブ

バイオデザインクラス

医療機器開発企業向けニーズ探索プログラム

ジャパンバイオデザイン協会

4

2017

7

14

ニーズ発表

C-square EXPO’17

千葉県医工連携

千葉県、千葉県産業振興センター

5

2017

7

25

ライブ

バイオデザインクラス

医療機器開発企業向けニーズ探索プログラム

ジャパンバイオデザイン協会

6

2017

8

3

シンポ

NEXT Kick-offシンポジウム

内視鏡プログラム

 

7

2017

8

4

シンポ

NEXT Kick-offシンポジウム

外科プログラム

 

8

2017

8

8

ライブ

バイオデザインクラス

医療機器開発企業向けニーズ探索プログラム

ジャパンバイオデザイン協会

9

2017

8

19

セミナー

Respiratory Endoscopy Technical Seminar

気管支鏡セミナー

アストラゼネカ

10

2017

10

13

セミナー

Preceptorship Program for TaTME

TaTMEを日本で安全に普及する

J&J

11

2017

10

14

セミナー

ブラックジャックセミナー

 

J&J

12

2017

10

27

シンポ

NEXT医療機器開発シンポジウム

 

 

13

2017

10

31

セミナー

医療機器等開発支援セミナー 入門編

 

(主催)千葉県、千葉県産業振興センター

14

2017

11

17

セミナー

Preceptorship Program for TaTME

TaTMEを日本で安全に普及する

J&J

15

2017

12

12

セミナー

医療機器等開発支援セミナー アドバンス編day1

千葉県内ものづくり企業を対象

(主催)千葉県、千葉県産業振興センター

16

2017

12

14

セミナー

神経再建材料のハンズオン

 

J&J

17

2017

12

22

セミナー

Preceptorship Program for TaTME

TaTMEを日本で安全に普及する

J&J

18

2018

1

19

セミナー

Preceptorship Program for TaTME

TaTMEを日本で安全に普及する

J&J

19

2018

2

6

セミナー

医療機器等開発支援セミナー アドバンス編 day2

千葉県内ものづくり企業を対象

(主催)千葉県、公益財団法人千葉県産業振興センター

20

2018

2

16

セミナー

Preceptorship Program for TaTME

TaTMEを日本で安全に普及する

J&J

21

2018

3

3

セミナー

気管支鏡ハンズオンセミナー

 

 

22

2018

3

6

セミナー

医療機器等開発支援セミナー アドバンス編 day3

千葉県内ものづくり企業を対象

(主催)千葉県、千葉県産業振興センター

23

2018

3

23

セミナー

Preceptorship Program for TaTME

TaTMEを日本で安全に普及する

J&J

臨床試験

  • 医師主導臨床試験
    2件
  • 企業治験
    4件

試験名

番号

研究代表者

企業

試験の種類

注射用レザフィリ ン®100mg、PD レーザ及び EC-PDT プローブ化学放射線療法又は放射線療 法後の局所遺残再発食道癌に対する使用成績調査

K0519

矢野友規

Meiji Seika ファルマ株式会社

企業治験

表在性食道癌患者を対象とした内視鏡的粘膜下層剥離術後のCLS2702C/C LS2702D による食道狭窄抑制効果並びに安全性について検討する多施設共同第III相オープン試験

K0548

矢野友規

株式会社セルシ-ド

企業治験

難治性良性食道狭窄患者を対象とした生分解性ステント(BD-stent)の臨床試験

K0601

矢野友規

株式会社パイオ ラックスメデ ィカルデバイス

企業治験

分割手術症例を対象としたE8002の有効性及び安全性を評価するための臨床試験

E8002

伊藤雅昭

川澄化学工業

 

酸素飽和度イメージング内視鏡を用いた消化管がんに対する化学療法および化学放射線療法の治療効果予測に関する臨床評価試験

単施設

矢野友規

富士フイルム

臨床試験

直腸癌術後縫合不全予防における経肛門ドレーン (WING DRAIN)の安全性・有用性に関する第II相試験

多施設

伊藤雅昭

村中医療器株式会社

臨床試験

学会・研究会・シンポジウム発表

  • 手術機器開発室(大腸外科を含む)
    55件
  • 内視鏡機器開発室(消化器内視鏡科を含む)
    9件
  • その他(看護部など)
    4件

手術機器開発室(大腸外科を含む)

  1. 浜部敦史、伊藤雅昭、森田俊治、谷田司、長瀬博次、野口幸蔵、広田将司、冨丸慶人、今村博司、岩澤卓、堂野 恵三 3Dプリンターで作成した骨盤解剖立体モデルが可能にした腹腔鏡下側方リンパ節郭清手技の定型化―Checkpoint method―  第117回日本外科学会定期学術集会(2017年4月27日-29)横浜
  2. 浜部敦史、森田俊治、谷田司、伊藤雅昭 3D骨盤モデルが可能にした腹腔鏡下側方郭清の定型化 第27回骨盤外科機能温存研究会(2017年6月10日)新宿
  3. Nishizawa Yuji.(lecture) Instrument and indication for colorectal surgery Meeting for development and the improvement of the endoscopic operation apparatus(2017年6月12日)Tuttligngen, Germany
  4. Nishizawa Yuji, Kawai Y, Ito M, Sasaki T, Tsukada Y. Hands-free interface for surgical procedures based on foot control with foot site monitoring 25th International Congress of the European Association for Endoscopic Surgery(EAES)(2017年6月14日-17)
  5. 竹下修由(開所記念基調講演) がんセンター東病院NEXT医療機器開発センターのご紹介(仮) フロンティア医工学センター医工連携推進室キックオフシンポジウム(2017年6月30日)千葉
  6. 西澤祐吏(招待講演) 内視鏡外科手術にける高性能画像技術の導入と有用性の評価 3次元画像コンファレンス2017(2017年7月6日)千葉
  7. 伊藤雅昭(司会) 手術手技指導方法 4th Surgical Education Summit(2017年7月8日-9)札幌
  8. 西澤祐吏 レジデントの内視鏡外科技術に関する評価 4th Surgical Education Summit(2017年7月8日-9)札幌
  9. 西澤祐吏 医師のニーズを具現化したフットサイトモニターの研究開発[C-square 成果報告] C-square EXPO'17(2017年7月14日)柏
  10. 伊藤雅昭(司会)国立がん研究センター東病院からのニーズ紹介  C-square EXPO'17(2017年7月14日)柏
  11. 伊藤雅昭 お尻からカメラを使って手術するために必要なデバイス C-square EXPO'17(2017年7月14日)柏
  12. 西澤祐吏、伊藤雅昭、錦織英知、塚田祐一郎、佐々木剛志 術後縫合不全予防における経肛門減圧ドレーンの基礎研究と産学連携による製品開発から臨床試験に至る経緯 第72回日本消化器外科学会総会(2017年7月20日-22)金沢
  13. 伊藤雅昭  次世代外科・内視鏡治療開発センターの最先端治療・開発はこれだ!_伊藤雅昭(2017年8月3日-4)柏
  14. 竹下修由(講義) ハイパーアシスト医療システム実現に向けて~東京理科大学・国立がん研究センター合同シンポジウム~消化管外科領域における解決すべき課題と未来の夢 第43回 セミナーハウス大学院特別講義(2017年8月5日)野田
  15. Ito M.(Lecture & Laboratory) TaTME (Transanal Total Mesorectal Excision ) for colorectal cancer. Laboratory1: Practical Skills on TaTME (organ models). Laboratory2: TaTME Training using pigs Medical TAKUMI Japan Seminar & Training(2017年9月3日)Thailand
  16. 伊藤雅昭(講演)  taTMEハンズオンワークショップ(2017年9月9日)台湾
  17. 西澤祐吏(講演) 大腸外科手術の実際~外科手術の基礎/製造者に届けたい医療現場の声~ 河野製作所つくば工場講演会(2017年9月15日)茨城
  18. Nishizawa Yuji, Tsukamoto S, Ochiai H, Tsukada Y, Sasaki T, Shida D, Iくanemitsu Y, lto M.  Surgical outcomes of robot-assisted rectal cancer surgery using the da Vinci Surgical System: a multi-centre pilot phase II study  European Society of coloproctology 12th Scientific & Annual Meeting (ESCP 2017) (2017年9月19日-22)Berlin
  19. Ito M,  Step-by-step procedures of taTME according to pelvic surgical anatomies for low rectal cancer European Society of coloproctology 12th Scientific & Annual Meeting (ESCP 2017) (2017年9月19日-22)Berlin
  20. Ito M(Lecture) TaTME: understanding of anatomy and techniques TaTME Cadaver workshop(2017年9月22日)Taiwan
  21. 竹下修由 NEXT医療機器開発センターの概要と取り組みについて 第7回東葛・つくば広域ビジネスマッチングプロジェクト(2017年9月22日)柏
  22. Ito M(Speaker) Step-by-step procedures of taTME according to pelvic surgical anatomies for low rectal cancer International Colorectal Surgery Forum 2017 (ICRSF 2017) (2017年9月23日-24)Taiwan
  23. 伊藤雅昭(講師)  Preceptorship Program for TaTME(2017年10月13日)柏
  24. 西澤祐吏(講演) 排便機能障害の評価と治療 平成29年度 老年看護学特論II(東京大学)(2017年10月16日)東京
  25. 伊藤雅昭(講演) 直腸癌に対する先進的外科治療開発~ISRからTaTME~ 第9回四国消化器癌フォーラム(2017年10月18日)徳島
  26. 伊藤雅昭、佐々木剛志、西澤祐吏、塚田祐一郎 下部直腸癌に対する taTME を併用した腹腔鏡下肛門温存手術の展望 第55回日本癌治療学会学術集会(2017年10月20日-22)横浜
  27. 大木進司、伊藤雅昭、稲木紀幸、浅尾高行、竹之下誠一、河野浩二 次世代内視鏡下手術用鉗子の開発と製品化に向けた取り組み 第55回日本癌治療学会学術集会(2017年10月20日-22)横浜
  28. 伊藤雅昭(司会・発表) 臨床ニーズの育成 NEXT医療機器開発シンポジウム(2017年10月27日)千代田区
  29. 竹下修由(ファシリテーター) NEXTの紹介、手術に関する人と機器の解説、NEXT模擬手術室見学 NEXT医療機器等開発支援セミナー 入門編(2017年10月31日)柏
  30. 西澤祐吏(教育講演) 排便機能障害における機能再生・再建の現状と展望 第72回日本大腸肛門病学会学術集会(2017年11月10日-11)福岡
  31. 伊藤雅昭、佐々木剛志、西澤祐吏、塚田祐一郎 直腸腫瘍に対するtaTMEの手術手技、治療成績および今後の展望 第72回日本大腸肛門病学会学術集会(2017年11月10日-11)福岡
  32. 西澤祐吏(講演) 外科医の立場から見た手術とロボット メカトロニクス特論(大阪工業大学大学院(2017年11月17日)大阪
  33. 伊藤雅昭(講師)  Preceptorship Program for TaTME(2017年11月17日)柏
  34. 近藤彰宏、伊藤雅昭、塚田祐一郎、西澤祐吏、佐々木剛志 腹腔鏡手術における助手機能を代用する医療機器ロックアームの臨床応用 第79回日本臨床外科学会総会(2017年11月23日-25)東京
  35. 伊藤雅昭 国立がん研究センター認定ベンチャー企業による手術支援ロボット開発 第30回日本内視鏡外科学会総会(2017年12月7日-9)京都
  36. 伊藤雅昭(Lecture) 編集なきtaTME手術全貌 第30回日本内視鏡外科学会総会(2017年12月7日-9)京都
  37. 伊藤雅昭(Syumposium) 今、若者に伝えたい!骨盤腔内手術のTips & Tricks~他診療科での手術手技および近赤外光の活用方法~ 第30回日本内視鏡外科学会総会(2017年12月7日-9)京都
  38. 西澤祐吏(ディスカッサント)ホットディスカッション 若手医師編  第30回日本内視鏡外科学会総会(2017年12月7日-9)京都
  39. 竹下修由(ディスカッサント)ホットディスカッション 若手医師編  第30回日本内視鏡外科学会総会(2017年12月7日-9)京都
  40. 錦織英知、伊藤雅昭、西澤祐吏  直腸癌術後縫合不全予防における新規経肛門減圧ドレーン(WING DRAIN)の開発 第30回日本内視鏡外科学会総会(2017年12月7日-9)京都
  41. 堀切康正、西澤祐吏、伊藤雅昭、藤田武郎、大幸宏幸、河合俊和 内視鏡外科手術におけるフットサイトモニターの有効性の検討 第30回日本内視鏡外科学会総会(2017年12月7日-9)京都
  42. 浜部敦史、伊藤雅昭、谷田司、森田俊治 軟性樹脂・3Dプリンターを用いて作成した腹腔鏡手術シミュレーション用骨盤モデル 第30回日本内視鏡外科学会総会(2017年12月7日-9)京都
  43. 山本知生 医療機器開発における知的財産権 医療機器開発の事業化プロセス NEXT医療機器等開発支援セミナー アドバンス編(2017年12月12日)柏
  44. 伊藤雅昭(講演)Expert Video Shaeing  TaTME Workshop(2017年12月15日)Taiwan, China
  45. 伊藤雅昭(講演)CADAVER surgical training course Trans anal course(taTME) 第4回札幌医科大学腹腔鏡下手術手技セミナー(2018年1月13日-14)札幌
  46. 伊藤雅昭(講師)  Preceptorship Program for TaTME(2018年1月19日)柏
  47. 西澤祐吏(講演) 臨床ニーズから開発した新規経肛門減圧ドレーンの臨床試験計画 さいたま医療ものづくりフォーラム2018(2018年1月19日)さいたま
  48. 竹下修由 「手術中、術野の外に対して行いたい操作A」~術野から手足を使わず、無影灯や気腹装置等を ON/OFF できるもの~ ニーズの読み解き方とニーズ紹介 NEXT医療機器等開発支援セミナー アドバンス編(2018年2月6日)柏
  49. 竹下修由 「手術中、術野の外に対して行いたい操作B」~術野から手足を使わず、画面を指すことで指示できるもの~ ニーズの読み解き方とニーズ紹介 NEXT医療機器等開発支援セミナー アドバンス編(2018年2月6日)柏
  50. 竹下修由 「模擬手術室シミュレーション」 ニーズの読み解き方とニーズ紹介 NEXT医療機器等開発支援セミナー アドバンス編(2018年2月6日)柏
  51. 伊藤雅昭(講師)  Preceptorship Program for TaTME(2018年2月16日)柏
  52. 伊藤雅昭(アドバイザー)コンセプト案発表会・評価会  NEXT医療機器等開発支援セミナー アドバンス編(2018年3月6日)柏
  53. 竹下修由(アドバイザー)コンセプト案発表会・評価会  NEXT医療機器等開発支援セミナー アドバンス編(2018年3月6日)柏
  54. 山本知生(アドバイザー)コンセプト案発表会・評価会  NEXT医療機器等開発支援セミナー アドバンス編(2018年3月6日)柏
  55. 伊藤雅昭 NEXT研究事例紹介 柏の葉研究交流会Kick-off(2018年3月16日)柏

内視鏡機器開発室(消化器内視鏡科を含む)

  1. Tomonori Yano,   OESO2017/ジュネーブ (2017年9月2日-4)
  2. Tomonori Yano,Noriaki Hasuike, Hiroyuki Ono, Narikazu Boku, Gakuto Ogawa, Junki Mizusawa, Ichiro Oda, Hisashi Doyama, Shinichiro. Hori, Hiroyasu Iishi, Kohei Takizawa, Haruhiko Fukuda, Manabu Muto Factors associated with technical difficulty of endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer which met expanded indication criteria; post hoc analysis using data of multi-institutional prospective confirmatory trial. (JCOG0607) UEGW2017/バルセロナ (2017年10月28日-11/1)
  3. K. Takashima1), T. Yano, M. Takahasi1, Y. Yoda, K.Hori, M. Komatsu, T. Kojima, H Daiko, K. Minashi, M. Muto, H. Sasaki,  S. Fujii Exploratory study of predictive biomarker for definitive chemoradiotherapy using biopsy specimens of patients with esophageal squamous cell carcinoma. UEGW2017/バルセロナ (2017年10月28日-11/1)
  4. D Sato, A Motegi, T Kojima, H Bando, K Shinmura, K Hori1, T Kadota, Y Yoda, Y Ono, S Zenda, H Ikematsu, T Akimoto, T Yano Endoscopic evaluation at the primary site of cT1 esophageal cancer after proton beam therapy and clinical results of salvage endoscopic therapy for local recurrence UEGW2017/バルセロナ (2017年10月28日-11/1)
  5. H. Nakamura, H. Ikematsu, N. Okamoto, R. Ito, D. Sato, T. Minamide, Y. Yamamoto, K. Takashima, T. Hombu, K. Nakajo, T. Kadota, Y. Yoda, K. Hori, Y. Oono, T. Yano The prospective observation study for over 10mm colorectal lesions endoscopically resected using bipolar snare UEGW2017/バルセロナ (2017年10月28日-11/1)
  6. K. Nakajo1,T. Yano, K. Yoda, K. Hori, K. Takashima, Y. Sinmura, Y. Oono, H. Ikematsu Technical feasibility of endoscopic submucosal dissection for local failure after chemoradiotherapy or radiotherapy  for esophageal squamous cell carcinoma. UEGW2017/バルセロナ (2017年10月28日-11/1)
  7. Yasuhiro Ohno, Usefulness of a traction method for endoscopic submucosal dissection The early GI Cancer Conference of Taiwan /台湾 (43051)
  8. 伊藤錬磨、新村健介、池松弘朗、大野康寛、矢野友規 BLI併用拡大観察におけるJNET分類の内視鏡診断成績 第105回日本消化器内視鏡学会 関東支部例会/都内 (2017年12月9日-10)
  9. 野中哲、矢野友規、依田雄介、田中雅樹、堀松高博 "食道癌根治的治療後の難治性良性狭窄に対する生分解性ステント留置術の有効性評価試験 第105回日本消化器内視鏡学会 関東支部例会/都内 (2017年12月9日-10)

その他(看護部など)

  1. 坂巻輝代美、早坂和恵、安丸一重 硬膜外麻酔時における姿勢維持クッションの有用性に関する検討 第31回日本手術看護学会年次大会 大阪 (2017年11月3日)
  2. 上杉英生 看護に関する人と機器の解説 NEXT医療機器等開発支援セミナーー入門編― (2017年10月31日)
  3. 上杉英生 ニーズ紹介ニーズ2「看護師が患者へ行う測定業務改善」 NEXT医療機器等開発支援セミナーーアドバンス編― (2018年2月6日)
  4. 上杉英生 コンセプト案発表会・評価会 アドバイザー NEXT医療機器等開発支援セミナーーアドバンス編― (2018年3月6日)

論文

  • 手術機器開発室(大腸外科を含む)
     5件
  • 内視鏡機器開発室(消化器内視鏡科を含む)
    16件

手術機器開発室(大腸外科を含む)

  1. Matsunaga R, Nishizawa Yuji, Saito N, Kobayashi A, Ohdaura T, Ito M.  Quantitative evaluation of 3D imaging in laparoscopic surgery. Surg Today 2017; 47(4):440-4
  2. Nishigori H, Ito M, Nishizawa Yuji. A novel transanal tube designed to prevent anastomotic leakage after rectal cancer surgery: the WING DRAIN. Surg Today 2017; 47(4):513-20
  3. Hamabe A, Ito M. A three-dimensional pelvic model made with a three-dimensional printer: applications for laparoscopic surgery to treat rectal cancer Tech Coloproctol. 2017; 21(5):383-387
  4. Kawai T, Hayashi H, Nishizawa Yuji, Nishikawa A, Nakamura R, Kawahira H, Ito M, Nakamura T.  Compact forceps manipulator with a spherical-coordinate linear and circular telescopic rail mechanism for endoscopic surgery Int J Comput Assist Radiol Surg 2017; 12(8):1345-53
  5. Kawai T, Hayashi H, Nishizawa Yuji, Nishikawa A, Nakamura R, Kawahira H, Ito M, Nakamura T.  Compact forceps manipulator with a spherical-coordinate linear and circular telescopic rail mechanism for endoscopic surgery Int J Comput Assist Radiol Surg 2017; 12(8):1345-53

内視鏡機器開発室(消化器内視鏡科を含む)

英文

  1. Kaneko K, Yamaguchi H,Yano T. A Novel Hypoxia  Imaging Endoscopy System. Provisional chapter. Hypoxia and Human Diseases.2017 Feb.doi10.5772/62960.
  2. Noguchi M, Yano T, Kato T, Kadota T, Imajoh M, Morimoto H, Osera S, Yagishita A, Odagaki T, Yoda Y, Oono Y, Ikematsu H, Kaneko K. Risk factors for intraoperative perforation during endoscopic submucosal dissection of superficial esophageal squamous cell carcinoma.  World J Gastroenterol. 2017 Jan 21;23(3):478-485. doi: 10.3748/wjg.v23.i3.478.
  3. Yano T, Kasai H, Horimatsu T, Yoshimura K, Teramukai S, Morita S, Tada H, Yamamoto Y, Kataoka H, Kakushima N, Ishihara R, Isomoto H, Muto M.  A multicenter phase II study of salvage photodynamic therapy using talaporfin sodium (ME2906) and a diode laser (PNL6405EPG) for local failure after chemoradiotherapy or radiotherapy for esophageal cancer. Oncotarget. 2017 Mar 28;8(13):22135-22144. doi: 10.18632/oncotarget.14029.
  4. Morimoto H, Yano T, Yoda Y, Oono Y, Ikematsu H, Hayashi R, Ohtsu A, Kaneko K.
    Clinical impact of surveillance for head and neck cancer in patients with esophageal squamous cell carcinoma. World J Gastroenterol. 2017 Feb 14;23(6):1051-1058. doi: 10.3748/wjg.v23.i6.1051
  5. Kadota T, Yano T, Fujita T, Daiko H, Fujii S.  Submucosal Invasive Depth Predicts Lymph Node Metastasis and Poor Prognosis in Submucosal Invasive Esophageal Squamous Cell Carcinoma.  Am J Clin Pathol. 2017 Nov 2;148(5):416-426. doi: 10.1093/ajcp/aqx093.
  6. Osera S, Ikematsu H, Fujii S, Hori K, Oono Y, Yano T, Kaneko K. Endoscopic treatment outcomes of laterally spreading tumors with a skirt (with video). Gastrointest Endosc. 2017 Sep;86(3):533-541. doi: 10.1016/j.gie
  7. Yano T, Yoda Y, Nomura S, Toyosaki K, Hasegawa H, Ono H, Tanaka M, Morimoto H, Horimatsu T, Nonaka S, Kaneko K, Sato A. Prospective trial of biodegradable stents for refractory benign esophageal strictures after curative treatment of esophageal cancer. Gastrointest Endosc. 2017 Sep;86(3):492-499. doi: 10.1016/j.gie
  8. Kadota T, Yano T, Kato T, Imajoh M, Noguchi M, Morimoto H, Osera S, Yoda Y, Oono Y, Ikematsu H, Ohtsu A, Kaneko K. Prophylactic steroid administration for strictures after endoscopic resection of large superficial esophageal squamous cell carcinoma. Endosc Int Open. 2016 Dec;4(12):E1267-E1274. doi: 10.1055/s-0042-118291.
  9. Nakamura H, Ikematsu H, Osera S, Ito R, Sato D, Minamide T, Okamoto N, Yamamoto Y, Hombu T, Takashima K, Nakajo K, Kadota T, Yoda Y, Hori K, Oono Y, Yano T.  Visual assessment of colorectal flat and depressed lesions by using narrow band imaging. Endosc Int Open. 2017 Dec;5(12):E1284-E1288. doi: 10.1055/s-0043-120992.Ikematsu H, Sakamoto T, Togashi K, Yoshida N, Hisabe T, Kiriyama S, Matsuda K, Hayashi Y, Matsuda T, Osera S, Kaneko K, Utano K, Naito Y, Ishihara H, Kato M, Yoshimura K, Ishikawa H, Yamamoto H, Saito Y. Detectability of colorectal neoplastic lesions using a novel endoscopic system with blue laser imaging: a multicenter randomized controlled trial. Gastrointest Endosc. 2017 Aug;86(2):386-394. doi: 10.1016/j.gie.2017.01.017.
  10. Ikematsu H, Sakamoto T, Togashi K, Yoshida N, Hisabe T, Kiriyama S, Matsuda K, Hayashi Y, Matsuda T, Osera S, Kaneko K, Utano K, Naito Y, Ishihara H, Kato M, Yoshimura K, Ishikawa H, Yamamoto H, Saito Y. Detectability of colorectal neoplastic lesions using a novel endoscopic system with blue laser imaging: a multicenter randomized controlled trial. Gastrointest Endosc. 2017 Aug;86(2):386-394. doi: 10.1016/j.gie.2017.01.017.

和文

  1. 佐藤 大幹、依田 雄介、矢野 友規:【消化器内視鏡の基礎知識と基本テクニック】 上部消化管内視鏡 治療 上部消化管狭窄に対するバルーン拡張・RIC .消化器内視鏡29巻3号 Page453-457  2017.
  2. 南出 竜典、矢野 友規:【高齢者・超高齢者消化管癌の内視鏡治療】 食道癌 食道早期癌に対するPDT照射療法の位置づけ.臨床消化器内科32巻6号 Page667-671  2017.
  3. 中條 恵一郎、 池松 弘朗、 依田 雄介、 堀 圭介、 大野 康寛、 矢野 友規:【大腸スクリーニングの現状と将来展望】ノート 広視野角大腸内視鏡. 胃と腸52巻9号 Page1205-1209  2017.
  4. 岡本 直樹、 矢野 友規: 【内視鏡データリファレンスブック2017】 咽頭・食道 食道癌化学放射線療法後の再発に対する光線力学的療法(PDT). 消化器内視鏡(0915-3217)29巻8号 Page1391-1394  2017.
  5. 矢野友規、武藤学:手技の解説「食道癌に対する光線力学療法 (PDT: Photodynamic therapy)」Gastroenterological Endoscopy 59巻12号Page 2740-2749 2017.
  6. 矢野 友規、 武藤 学. 消化器がんに対する光線力学療法の現状と問題点.  Medical Photonics 24号 Page11-16(2017.07)