コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 情報提供 > 医療関係者向け セミナー・イベントのお知らせ > 第8回がん新薬開発合同シンポジウム
臨床開発のNew Frontier~我々はどこに進むべきか~
開催のご案内

第8回がん新薬開発合同シンポジウム
臨床開発のNew Frontier~我々はどこに進むべきか~
開催のご案内

この度、第8回がん新薬開発合同シンポジウムを開催いたします。

今年のテーマは「臨床開発のNew Frontier~我々はどこに進むべきか~」です。
各方面をリードされている先生方よりご発表いただき、IOTやリアルワールドデータ、スマート治験など、ITの発展に伴う新しい治験の形と、著しい発展を遂げているアジア地域(特に中国)での治療開発に関して、アカデミアがどのようにアプローチしていくのか?その方法論についてディスカッションし、我が国のシーズ開発をさらに活性化するきっかけとなることを切望しています。

また、昨年に引き続き、本シンポジウムにおいて、アカデミアシーズ及びプラットフォームとの、マッチングイベントを開催いたします。御興味のある方は、是非ともイベント会場までお越しください。

本年も多数の皆様のご参加とご討論を心よりお待ちしております。

*第8回がん新薬開発合同シンポジウムは終了いたしました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。
当日の様子は開催レポートをご覧ください。

開催概要

名称

第8回がん新薬開発合同シンポジウム
臨床開発のNew Frontier~我々はどこに進むべきか~

日時

2018年10月5日(金曜日) 10時から16時(開場9時20分)

会場

イイノホール&カンファレンスセンター 4Fホール
東京メトロ「霞ヶ関駅」直結

参加費

無料(事前登録制)

参加受付

2018年8月15日(水曜日)より登録開始

注:定員に達し次第、締め切らせていただきます。

参加申込方法

  1. 第8回がん新薬開発合同シンポジウム「臨床開発のNew Frontier~我々はどこに進むべきか~」ホームページ(外部サイトへリンクします)より参加登録をする。
  2. 「参加証」をメールにて送信します。
    プリントアウトし、当日ご持参ください。
  3. 受付にて、バーコードリーダーで「参加証」を読み込み、手続きは完了です。

注:上記の方法がとれない方は事務局にご相談ください。

事務局

がん新薬開発合同シンポジウム 事務局

メールアドレス:souki-symposium●east.ncc.go.jp(●を@に置き換えてください)

主催

国立がん研究センター東病院 大津 敦

医療技術実用化総合促進事業「国立がん研究センター東病院 臨床研究中核病院整備事業」

協力

浜松医科大学 / 国立国際医療研究センター 渡邉 裕司

医薬品等規制調和・評価研究事業「効率的な治験の実施に資するGCPの運用等に関する研究」

後援

抗悪性腫瘍薬開発フォーラム

協賛

日本医療研究開発機構(AMED)

案内PDF

関連ファイルより「案内PDF」をダウンロードしてください。

第8回がん新薬開発合同シンポジウム  臨床開発のNew Frontier「我々はどこに進むべきか」

プログラム

開会の言葉(10時から10時10分)

渡邉 裕司/浜松医科大学 理事・副学長、国立国際医療研究センター 臨床研究センター長

第1部 新しい形の治験 (10時10分から12時40分)

司会

渡邉 裕司/浜松医科大学 理事・副学長、国立国際医療研究センター 臨床研究センター長

佐藤 暁洋/国立がん研究センター東病院 臨床研究支援部門長

1. 抗がん剤開発の今後の動向

野中 孝浩/医薬品医療機器総合機構

2. 電子カルテEDC連動システムの可能性

松村 泰志/大阪大学大学院医学系研究科

3. Utilization of real world data

Hui Huang/武田薬品工業株式会社

4. Patient-centered remote治験

松島 総一郎/ノバルティスファーマ株式会社

5. アカデミアの立場から:SCRUM-Japanレジストリでの新しい取り組み

大津 敦/国立がん研究センター東病院

トピックス

司会

布施 望/国立がん研究センター東病院 臨床研究支援部門 薬事管理室長

中国医療事情:海南省医療特区のケースと展望

早川 泰雄/日本千博株式会社

第2部 アジアにおける開発体制(13時30分から15時50分)

司会

佐藤 岳幸/神戸医療産業都市推進機構 クラスター推進センター長
土井 俊彦/国立がん研究センター東病院 副院長・先端医療科長

1. Recent regulatory changes in China and their impacts to the clinical trials – from CRO standpoint

Yuanjing Xu/Syneos Health (China)

2. 中国における抗がん剤開発 今と昔

高野 哲臣/コーヴァンス・ジャパン株式会社

3. アジアにおける開発体制-企業の立場から

廣橋 朋子/ファイザー株式会社

4. アジアでの治験に関する国際規制環境-規制当局の立場から

安田 尚之/厚生労働省

5. 早期臨床開発の変化と今後の方向性

土井 俊彦/国立がん研究センター東病院

閉会の言葉(15時50分から)

大津 敦/国立がん研究センター東病院 院長

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。