トップページ > 取り組み > 一般向け セミナー・イベントのお知らせ > 北京大学第一医院と協力覚書締結記念会議をオンラインで行いました

北京大学第一医院と協力覚書締結記念会議をオンラインで行いました

更新日時:2022年6月8日
in English

国立がん研究センター東病院と覚書を締結している、中国の北京大学第一医院とバーチャル科学研究組織を設立したことを記念して、5月13日にオンライン式典が開催されました。北京大学第一医院 姜 輝書記、劉 新民院長 (中国側) に続き、東病院放射線治療科 秋元 哲夫科長 (日本側) が挨拶を行いました。記念式典後の講演にて、東病院側から堀田 健二医学物理士が「陽子線治療の医学物理学」、秋元放射線治療科長は「陽子線治療の新たな進歩」の演題でオンライン登壇をしました。参加者は約200名となり、活発な質疑応答が行われました。長期にわたり親交のある北京大学第一医院の高 献書放射線治療科長からの閉会挨拶でオンライン記念会議は終了しました。今後の両病院間の交流拡大が期待されます。

  • 北京大学第一医院高放射線治療科の画像

    北京大学第一医院 高放射線治療科長

  • 北京大学第一医院高放射線治療科の画像

    リモート講演中の秋元科長

 

  • 高科長による閉会の挨拶スライド

    高科長による閉会の挨拶スライドより

  • 中国側会場と参加者の画像

    中国側会場と参加者

 

更新日:2022年6月8日