コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 外科系 > 頭頸部外科 > 診療と実績について > 東病院頭頸部外科の特徴

東病院頭頸部外科の特徴

頭頸部がんの専門家で構築されている診療チーム

経験豊富な外科医、薬物療法の専門家である頭頸部内科医、そして放射線診断医、放射線治療医など、頭頸部がんの専門家で診療チームが構築されています。治療中の合併症のリスクを減らすため早期から口腔ケアに注目しており、歯科医が治療前から治療後に至るまで対応します。

また、術後嚥下(えんげ)機能の低下した患者さんへは言語聴覚士による嚥下リハビリテーションを行っており、機能回復にも努めています。

1980年代から顕微鏡下血管吻合(ふんごう)を用いた遊離(ゆうり)組織移植の開発がされ、広範囲切除術後の機能、整容的な保持が可能となり、治療成績、術後のQOL(生活の質)が飛躍的に改善しました。東病院では術後の機能、整容面で重要な再建は、経験豊富な再建外科医(形成外科)が行っており、進行がん術後においても機能温存がなされているのが特色です。

機能温存手術の開発と国内有数の症例数

喉頭がんや下咽頭がんの部分切除といった会話、嚥下機能を温存する機能温存手術の開発もおこなってきました。下咽頭や喉頭部分切除術は、これまで300例以上の症例数があり国内有数です。

進行口腔がんや中咽頭がんの切除においては、下口唇(かこうしん)や下顎骨(かがくこつ)の切離をできるだけ避けることで根治性と同時に機能面、整容面にも配慮した切除を行っています。

また、頸部郭清術においても神経、筋、静脈を温存した保存的郭清を原則とし根治性と機能保持の両立を行っています。

内視鏡下切除による低侵襲手術

近年、内視鏡技術の進歩により、咽頭、喉頭のこれまで同定できなかった表在がん(上皮内にとどまる浅いがん)がみつかるようになってきました。これらの表在がんや早期のがんに対して消化管内視鏡科と協力し、内視鏡的咽喉頭手術を行っています。ELPS(イーエルピーエス/Endoscopic Laryngo Pharyngeal Surgery)と呼ばれ、内視鏡ガイド下に頭頸部外科医が切除する術式です。これにより従来外切開が必要であった早期の咽頭がん、喉頭がんにおいてより低侵襲な切除が可能となりました。