コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 共通部門のご案内 > リハビリテーション室

リハビリテーション室

トップページ用画像

がんになると、がんそのものによる症状や治療に伴う副作用(痛み、吐き気、食欲不振など)によって、患者さんはさまざまな障害を受けます。がんリハビリテーションは、そんな障害を予防・改善することを目的としています。
当院ではリハビリテーション科の医師と、リハビリテーション室の理学療法・作業療法・言語聴覚療法という3つの専門分野のセラピストが、他の診療科や看護師などさまざまな多職種と連携して治療を行っています。
紹介文イメージ1