コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 内科系 > 腫瘍内科 > 診療と実績について > 泌尿器がん

泌尿器がん

泌尿器がんとひとくくりにしても、その疾患は前立腺がん、膀胱がん、腎盂尿管(じんうにょうかん)がん、腎細胞(じんさいぼう)がん、胚細胞腫瘍(はいさいぼうしゅよう)と非常に多岐にわたります。

東病院 腫瘍内科は泌尿器がんにおいて、薬物療法を主に担当しています。最近の泌尿器がんに使用するお薬は抗がん剤、分子標的薬、ホルモン剤、免疫療法薬など極めて多彩です。我々は薬物療法のプロフェッショナルとして、適切にかつ安全にこれらを用いた治療を実践しています。それのみならず、泌尿器外科医放射線治療医との合同カンファレンスを定期的に行い、治療方針決定の”司令塔”としての役割を担っています。

日々の診療に際しては個々の患者さんにとって最善の治療は何かを検討し、患者さんに十分な説明を行った上で提供する事を心掛けています。

また、がんセンターとして泌尿器がんのよりよい治療や新薬開発のための治験も積極的に行っており、より広い選択肢の中から治療を考慮できるのが特徴です。

 

泌尿器がんの基礎知識、治療等については「国立がん研究センターがん情報サービス」(https://ganjoho.jp)の各ページをご覧ください