コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 外科系 > 呼吸器外科 > レジデント募集について

レジデント募集について

レジデント/がん専門修練医トレーニング

トレーニング風景

私たちは、呼吸器外科治療のスペシャリストを育成するべく、全国から公募された医師に対して、レジデント/がん専門修練医として1年間から3年間のカリキュラムによる教育を行っています。これまで60名以上のレジデントおよび研修医が当科で研鑽を積んでいます。卒業後はそれぞれ全国の主要施設で活躍しています。

東病院 呼吸器外科の研修では、多くの手術症例をこなすだけでなく、アカデミックな立場からも肺がん診療に向き合うことを目標にしています。各レジデントは臨床の傍らで、自分で決めたテーマにそって基礎/臨床研究を進めていきます。定期的に研究カンファレンスを行い、経験豊富なスタッフや仲間の医師たちと毎回熱い議論が交わされます。研究内容は学会発表、そして最終的に論文化して世界に発信することを目標に設定しています。

また教育の一環として、次世代外科・内視鏡治療開発センター(NEXT)内のトレーニングルームで年に6回ハンズオンセミナーを行っています。豚の臓器や疑似胸腔セット、実際の手術器具を用いて実践的なトレーニングが可能となっています。 トレーニングルームには完全鏡視下用の器具も常備してあり、いつでもトレーニングが可能でレジデントにとっては非常に恵まれた環境と言えます。

東病院 呼吸器外科での研修に興味のある方へ

当科での研修に少しでも興味のある方は、以下の呼吸器外科レジデントプログラムのページをご覧ください。当院での教育内容の詳細や、現在トレーニング中の医師からのコメントなどを掲載しています。

呼吸器外科

科長からのメッセージ

坪井 正博

呼吸器外科長 坪井 正博

当科のレジデントプログラムでは、先代科長の永井完治先生のころより、全国から熱意溢れるたくさんの先生方が集い、共に研鑽を積んできました。そうした先輩たちの中には、現在全国の大学や基幹病院のトップランナーとして活躍されている方も数多くいらっしゃいます。このページのご覧の先生方も、是非我々と一緒に日本を、そして世界をリードする呼吸器外科医を目指しませんか?

私たちの施設の魅力は、全国トップレベルの手術症例数だけではありません。呼吸器外科だけでなく、呼吸器内科、放射線科、病理診断科、研究所など様々な専門領域のスタッフ・レジデントが日々肺癌診療に心血を注いでいます。そのような中で過ごす研修期間は先生たちを大きく飛躍させてくれるものになるでしょう。

少しでも興味のある方は、是非当院へ見学にお越しください。メールでのお問合せでも構いません。若く情熱のある皆さんと一緒に、さらにより良い肺癌治療を目指していけることを、心より楽しみにしております。

レジデント1日体験プログラム

手術風景
  • プログラム代表者名
  • 三好 智裕
  • スタッフ構成
  • スタッフ 5名、がん専門修練医 2名、レジデント 9名
  • 関連リンク
    • 診療科のご案内(呼吸器外科)
    • 令和2年度 募集要項(呼吸器外科)
    • 令和2年度 研修概要・診療科紹介(呼吸器外科)

東病院 呼吸器外科のPRポイント

日本トップレベルの手術症例数

当プログラムの最大の特徴は日本トップレベルの圧倒的な手術症例数です。2017年にNEXT棟が完成したことで手術件数も増加し、2018-2019年と、毎年600件を優に超える手術件数を誇っています。対象疾患は原発性肺がんを中心に、他臓器がんの肺転移、胸腺腫など縦隔腫瘍に対する外科治療を行っています。

術式に関しても、早期がんに対する縮小手術や完全胸腔鏡下手術、進行がんに対する多臓器合併切除などの拡大手術や気管支形成を伴う手術、ならびに術前導入療法後の手術までさまざまな手術を積極的に行っています。大血管の切除が必要な拡大手術においては、新東京病院と連携して手術を行っており、肺癌手術においてはあらゆる領域をカバーできる体制となっています。

充実したカンファレンス・他科ローテーション

手術が考慮される症例については、毎週呼吸器内科と合同でカンファレンスを行い、各症例の画像、臨床データを詳細に検討しそれぞれの治療方針を決定しています。また、病理診断で興味深い所見が見つかった症例についても、毎週呼吸器内科と病理診断科合同でカンファレンスを行っています。

また、当科では3年プログラムを選択された場合、約半年間の病理診断科ローテーションを行うことになっています。そこでは年間600件を超える手術症例を、全て病理スタッフの先生の指導の下でレジデントが診断していきます。これを経験することで、呼吸器外科領域の病理に関する膨大な知見を身に着けることができ、外科医として視野を大きく広げることができます。

手厚い指導体制

日本のがん診療・研究の拠点病院・教育病院として、当科はレジデント教育には特に力を注いでいます。豊富でバラエティーに富んだ手術症例はスタッフの指導の下、がん専門修練医、レジデントが執刀するチャンスが多々あります。年間を通じたトレーニングカリキュラム(講義、ラボ等の実習)が用意されており、個々のレベルに応じたStep up方式の技術習得を重視し、効率のよい魅力的な研修実現を目指しています。

また、手術手技の指導のみならず、臨床研究、先端医療開発センターとの共同による基礎研究(トランスレーショナルリサーチ)、臨床試験の立案・遂行の指導も積極的に行っております。レジデントは毎年国内だけでなく、世界中のさまざまな学会や学術誌で存在感のある発表を行っており、国内で最も若手がactiveな呼吸器外科施設の一つになっています。抄読会や研究会なども定期的に開催し、常に最新の知見を取り入れる姿勢を心がけています。当院で研修を行えば、臨床と研究を双方こなせるオールラウンドな呼吸器外科医となれることでしょう。

当科の業績

当科で研修を受けたレジデントは国内外の様々な学会・雑誌にてその成果を発表しています。以下のリンクより、当科における業績をご覧になれます。

先輩レジデントからのメッセージ

がん専門修練医2年目 鈴木 潤

鈴木 潤

肺癌と向き合うという点において、このがんセンター東病院は国内最高の施設といえるでしょう。

それは圧倒的な手術数だけではありません。私の場合、ローテーションで回った病理科の延長で、約2年間基礎研究に従事しました。そこではがん治療の向上のために日夜知恵を絞っている研究者の方々の熱意とともに、基礎研究ならではの科学的な厳しさを知ることができました。臨床の経験を積む上ではやや回り道かもしれませんが、臨床に戻った後も基礎研究で培った経験や完成が患者さんを診察したり、新たなクエスチョンを考える上で非常に役に立っています。現在は臨床や手術にどっぷりつかり精進しています。

また、個人的には呼吸器外科医としてだけでなく、一人の家庭人として成長していくことも、がんの患者さんに向き合っていくためには非常に重要であると考えています。小さいお子さんがいる医師も多い当科では、家庭の事情などをとても寛大に考慮してもらえます。私も妻の出産時や子どもの体調不良時など、とても柔軟に対応していただけて非常に助かっています。これもひとえに一緒に働くレジデントやスタッフの先生方のチームワークが優れているからこそできることだと思っています。

そんな当院呼吸器外科に少しでも興味のある方、まずは一度でもいいので東病院に見学にいらしてください。もちろんメールや学会中のコンタクトも大歓迎です。お待ちしております!

レジデント3年目 大岩 宏聡

大岩レジデント募集

国立がん研究センター東病院は年間600件を超える手術が行われていますので、多くの症例に執刀、助手として参加するチャンスを頂き、厳しいながらも熱い指導を受け学ぶことができます。手術のアプローチ法についても開胸手術はもちろんのこと、ロボット支援下手術、完全鏡視下手術、Uniport手術など様々なアプローチ法に触れる機会も多くあるのが特徴だと思います。また他の施設ではなかなか触れる機会が少ないような、気管支形成や血管形成を要する症例も多く経験することができます。

また病理診断科では6-9カ月程度研修を行い、標本を作製するところから診断まで病理スタッフの指導のもと修練をつむことができます。実際どのようにして診断が行われているのかを知ることができ、病理診断への理解も深めることができます。

同期や先輩、後輩など全国から多くの呼吸器外科医が集まってきており、また臨床研究や治験なども第一線で感じることができるので、新しい知見や知識を学ぶことができます。

がんセンターに興味をお持ちの方は、一度見学にお越しください。お待ちしています!

レジデント2年目 野村 幸太郎

野村レジデント募集

国立がん研究センター東病院の呼吸器外科は、日本・世界の肺癌診療・研究の最前線をリードする施設であり、呼吸器外科医として肺癌を学ぶための最高の環境が揃っています。

肺癌に携わる外科医として、病理の知識は非常に重要です。私は9ヵ月間病理科をローテーションし、肺癌病理の基礎を学びました。毎週呼吸器外科・呼吸器内科・病理科の三科で行われる症例カンファレンスでは、がんセンターでしか経験できないような多彩な症例の臨床経過や病理所見をディスカッションすることで、肺癌診療における知見を深めることができました。

また、手術に関しても、日本有数のhigh volume centerであるだけでなく、5名のスタッフ指導のもと開胸・完全鏡視下・ロボット支援下手術や気管支形成・血管形成・胸壁再建などの拡大手術など、多種多様な手術を直に学ぶことができます。ひとつの施設でここまで多様な手術を学ぶことができるのは、日本でもがんセンター東病院のみといっても過言ではありません。

研究面においても、当施設はJCOGなどの多施設共同研究や国際臨床試験など様々な臨床研究に携わっています。TR分野などの基礎研究とも連携しており、臨床・基礎ともに肺癌研究の最先端に触れ、レジデント自ら参加することができます。

まさに恵まれた環境で、レジデント同士切磋琢磨しあいながら充実した日々を送っています。皆様もぜひ当科で共に学びましょう!お待ちしております!