コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 外科系 > 泌尿器・後腹膜腫瘍科 > 診療と実績について

診療と実績について

国立がん研究センター東病院 泌尿器・後腹膜腫瘍科は、尿路(腎盂(じんう)、尿管、膀胱)・精路(精巣上体、精管、精嚢(せいのう))のすべての腫瘍を担当する診療科です。さらに、内分泌臓器である副腎、臓器から発生するがんとは異なる肉腫(後腹膜)も担当しています。排尿・勃起・射精に関連する臓器を扱うため、根治性とともに生活の質(QOL:Quality of Life)を常に意識した外科治療を行っています。

主な対象疾患

実績について

泌尿器・後腹膜腫瘍科の特徴

主に、ロボット支援手術、腹腔鏡、ミニマム創内視鏡手術の低侵襲手術を中心に治療を行っています。経尿道的手術や、尿管ステント・腎瘻(じんろう)のような尿路閉塞に対する処置を行うのも当科の特徴です。QOLにかかわる疾患(前立腺肥大症や腹圧性尿失禁)に対する外科的治療も手掛けています。

がん薬物療法が必要となる患者さんは腫瘍内科と連携し、治療を行っています。

現在、泌尿器がんに関する外科治療の充実に伴い、既に屈指のセンターとして機能している薬物、放射線治療科と共同し、泌尿器がんに対して、隙間のない先進的治療を提供しています。さらに、大腸外科と共同で、骨盤の進行がんに対する拡大切除、機能温存手術に取り組んでいます。

超高齢化社会における「QOLの維持」と「根治性」の両立をミッションとしたがん治療を低侵襲のもとに実践することを目標としています。

 超高齢化社会におけるがん治療の図

各手術の解説は、病気と治療についてをご覧ください。

 泌尿器・後腹膜腫瘍科における疾患別術式一覧

疾患名 術式 ロボット 腹腔鏡 ミニマム 開腹 (開放)
腎臓がん 腎部分切除
  根治的腎摘除
前立腺がん 前立腺全摘除
膀胱がん 膀胱全摘除
腎盂尿管がん 腎尿管全摘除
副腎がん 副腎摘除
後腹膜腫瘍 腫瘍摘除
精巣がん 後腹膜リンパ節郭清

◎ 該当疾患における標準術式
〇 対応可能術式
/ 保険未収載(保険対象外)
― 保険収載されているが未施行