コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 看護部 > 看護部を知る > 専門外来・看護外来の紹介 > 女性看護外来

女性看護外来

  • 場所:本館棟 外来2階2番
  • 利用時間:8時30分から17時

女性看護外来は、女性ががんになったとき最適な治療を受けるだけでは、がんによって生じた悩みは消えないと考えています。

そこで、女性看護外来では看護師が専用の質問用紙を用いて、患者さんやそのご家族などが抱える悩みを丁寧にお伺いします。そして、個々の患者さんが持つ疾患、背景の特徴と問題点の整理をして、悩みに応じた適切なケアが受けられるよう関連部署や診療科の対応をコーディネートします。相談を希望される場合は担当医や看護師等にお申し出いただくか、本館棟2階の外来2番の窓口にお越しください。

女性看護外来

 
個室でお話を伺います。小さなお子さんをお連れの方も、安心してお越しください。

女性看護外来では以下のようなお悩みに対応します。

妊娠について

  • がんになっても妊娠可能なの?

育児について

  • 子どもにがんであることを伝えたほうがいいの?
  • 子どもにがんであることをどのように伝えればいいの?
  • 治療中でも入学式や参加日などの子ども行事に参加したい。

仕事や治療費の支払いについて

  • 治療と仕事をどのように両立していけばいいの?
  • 治療費の支払いが心配。

見た目の変化について

  • 見た目の変化(脱毛・肌の黒ずみ・爪の変化など)が気になる。
  • 抗がん剤中のお化粧や爪の手入れはどのようにしたらよいの? 

その他

女性看護外来0722


女性看護外来は女性看護師によって運用されています。男性には話しにくいお悩みを安心してお話ください。