コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院
柏の葉教室から生まれた がん症状別レシピ検索「CHEER!(チアー)」

トップページ > 柏の葉料理教室から生まれた がん症状別レシピ検索「CHEER!(チアー)」 > 症状別アドバイス > 下痢

下痢

下痢とは、便の中の水分量が多くなり、健康時の便と比較して、非常に緩い粥状、もしくは液体状の便が出る状態です。がんの治療中は、薬物療法や放射線治療、手術などによって起こることがあります。下痢が続くと脱水や栄養障害が起きたり、肛門の周りに痛みや炎症が起きたりして、心身ともに負担がかかります。命に関わる状態になる場合もあるため、速やかに対処することが大切です。

詳しくは、国立がん研究センターがん情報サービス「下痢」をご覧ください。

要因

一般的な要因

  1. 胃腸の機能低下
  2. 刺激の強過ぎる食事(冷たいもの、辛いもの、油っこいもの、繊維の固いもの)
  3. 食べ過ぎ・飲み過ぎ
  4. 感染 

がん患者さんにおける要因

  1. がん治療の副作用(抗がん剤投与、腹部への放射線照射等)
  2. 胃腸の機能低下
  3. 刺激の強過ぎる食事
  4. 抗生物質の投与
  5. 感染
  6. 心理的な負担

食事のアドバイス

1.刺激の強い食品は避けた方が良い

  • 濃すぎる味・・・・・濃い味付け、塩味の強いスープ等
  • 強い酸味・・・・・・酢の物、柑橘類(みかん、グレープフルーツ)等
  • 強い香辛料・・・・・辛子、わさび、生姜、山椒、胡椒等
  • 熱い・冷たい物・・・人肌程度に温度を調整する
  • 固い物・・・・・・・生野菜、野菜の茎、根菜類、種実類、せんべい等
  • 口にはりつくもの・・のり、芋類、もち等
  • アルコール飲料

2.温かく、消化の良い食品を中心に摂る

3.ゆっくり良く噛んで食べるようにする

4.腸内環境を整える乳酸菌食品・水溶性食物繊維の摂取を心掛ける

5.水・スポーツ飲料など水分の補給をこまめにする 
 水分が摂れない場合は病院に相談しましょう

参考資料

毎日の食事に役立つ資料を掲載しています。
画像をクリックすると、下記項目の詳細(PDFファイル)をご覧いただけます。

下痢・便秘(共通) 画像 001

(PDF:993KB)

  • 食べてから便が出るまで
  • 一般的な下痢の要因
  • がん患者さんの下痢の要因
  • 下痢がある場合・続く場合の工夫
下痢・便秘(共通) 画像 002

(PDF:755KB)

  • 便の成分について
  • 水溶性食物繊維(特徴、働き、食品例)
  • 不溶性食物繊維(特徴、働き、食品例)