コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 乳腺・腫瘍内科

乳腺・腫瘍内科

乳腺・腫瘍内科トップイメージ

乳腺・腫瘍内科について

東病院乳腺・腫瘍内科は、当院で唯一、臓器横断的な内科的治療を行う診療科です。当科が担当する疾患は、乳がん、泌尿器科がん、婦人科がん、骨軟部肉腫、原発不明がんなど、多岐に渡っています。また、臓器横断的な診療で培った豊富な経験・知識を生かして、発生頻度の極めて低い希少がんの診療も担当しています。患者さん一人一人に最適な医療を届けるとともに、未来の治療を開発すべく、治験を含めた臨床試験、基礎的な研究にも力を注いでいます。

担当する疾患

  • 乳がん
  • 泌尿器がん
    前立腺がん、尿路上皮がん(膀胱がん・尿管がん・腎盂がん 他)、腎細胞がん、
    胚細胞腫瘍 他
  • 婦人科がん
    卵巣がん、腹膜がん、子宮頸がん、子宮体がん(子宮内膜がん)他
  • 原発不明がん
  • 肉腫
    平滑筋肉腫、脂肪肉腫、MFH、横紋筋肉腫、骨肉腫、Ewingファミリー、
    GIST、血管肉腫 他
  • 希少がん
  • AYA(思春期・若年成人:Adolescent and Young Adult)世代に発症するがん