コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 乳腺・腫瘍内科

乳腺・腫瘍内科

乳腺・腫瘍内科トップイメージ

お知らせ

乳腺・腫瘍内科について

国立がん研究センター東病院乳腺・腫瘍内科は、当院で唯一、臓器横断的な内科的治療を行う診療科として、診療および研究、教育を行っています。当科が担当する疾患は、乳がん、泌尿器科がん、婦人科がん、骨軟部肉腫、原発不明がんなど、多岐に渡っています。また、臓器横断的な診療で培った豊富な経験・知識を生かして、発生頻度の極めて低い希少がんの診療も担当しています。

がんを患ったことで、患者さんやご家族が抱えられる問題はそれぞれ異なります。我々は、科学的根拠に基づいた薬物療法を提案することはもちろんのこと、それぞれの患者さん・ご家族のニーズに応えるべく、他職種・部門と連携したチームを形成し、最善のケアを提供します。
また、新薬や個別化された薬物療法の研究・開発、優秀な腫瘍内科医の育成、を通じて明日のがん治療の向上を目指しています。