コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 外科系 > 頭頸部外科 > 頭頸部(とうけいぶ)の病気と治療について > 咽頭(いんとう)がん

咽頭(いんとう)がん

咽頭とは

のどは空気・食物の通り道で咽頭、喉頭(こうとう)からなります。空気は咽頭→喉頭→気管→肺へ流れ、食べ物は咽頭→食道→胃へと流れます。咽頭は高さにより上咽頭、中咽頭、下咽頭に分けられ、これらが複雑に作用し呼吸(発声)と嚥下(えんげ/ものを飲み込むこと)を行います(図)。

頭頸(とうけい)部の範囲(国立がん研究センターがん情報サービスより引用)

咽頭がんとは

咽頭にできるがんで、できた部位により上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がんに分けられます。
咽頭がんの発症要因は過度の飲酒、喫煙です。さらに上咽頭がんについてはEBウイルスの感染、中咽頭がんについてはパピローマウイルス(HPV)の感染の関与が言われています。また、飲酒についてはフラッシャー(飲酒により顔が赤くなる人)が継続的に飲酒することで発癌する可能性が高いことがわかっています。

上咽頭がん

症状

耳閉感(じへいかん)や難治性の中耳炎、鼻出血、鼻閉(びへい/鼻づまり)など。進行すると複視(物が二つに見えること)、視力低下、顔面の感覚障害・痛みなどの脳神経症状が現れ、頸部転移で発見されることもあります。

診断

内視鏡(咽喉頭ファイバー)を用いて腫瘍を確認します。確定診断には腫瘍を一部採取して、顕微鏡で組織・細胞を確認する病理検査が必要です。また浸潤(しんじゅん)、転移の有無を確認するためにCTMRIなどの画像検査を施行します。

治療方法

放射線治療の反応が良い腫瘍が多く、化学療法、放射線治療が治療の中心です。

中咽頭がん

症状

咽頭違和感、咽頭痛、血痰(けったん)など。

診断

視診(医師が患者さんの顔色や患部を目で見て診察すること)、内視鏡(咽喉頭ファイバー)を用いて腫瘍を確認します。確定診断には腫瘍を一部採取して顕微鏡で組織・細胞を確認する病理検査が必要です。また浸潤、転移の有無を確認するために必要に応じてCTMRI検査などの画像検査を施行します。

治療方法

早期であれば手術切除または放射線治療による根治が可能で、機能障害もほとんどありません。一般的にHPV(ヒトパピローマウイルス)感染のある場合は、化学放射線治療の効果がより高いといわれています。腫瘍の進行やHPVの状態により手術、化学放射線治療を検討することになります。

下咽頭がん

症状

嗄声(させい/声がれ)、咽頭の違和感、咽頭痛、血痰(けったん/血が混じった痰)など。進行すると嚥下(えんげ)障害、呼吸困難も出現します。

診断

内視鏡(咽喉頭ファイバー)を用いて腫瘍を確認します。確定診断には腫瘍を一部採取して顕微鏡で組織・細胞を確認する病理検査が必要です。また浸潤、転移の有無を確認するために必要に応じてCTMRI検査などの画像検査を施行します。

治療方法

早期であれば喉頭を温存した下咽頭部分切除術や、放射線治療、化学療法による根治を目指します(ただし、化学療法は状態によって適応不可となる場合があります)。しかし進行して見つかり、喉頭の切除が余儀なくされることが多く、その場合には下咽頭喉頭全摘術と、遊離空腸移植による再建術の適応となるのが一般的です。

下咽頭部分切除術

腫瘍のある下咽頭の一部のみを切除し、喉頭を温存します。術後は発声可能です。切除範囲に応じて一期縫縮(切除部をそのまま縫い閉じること)、もしくは再建手術をおこないます。

下咽頭喉頭全摘術

腫瘍のある下咽頭、喉頭を切除し、空腸を移植し咽頭(食べ物が通るルート)の再建を行います。再建術の詳細は東病院形成外科「頭頸部再建について」をご覧ください。
喉頭摘出により声が出ない状態(失声)となりますが、東病院頭頸部外科では気管食道シャント法(プロヴォックス®留置)を行い、代用音声の獲得を目指しています。その他の方法として電気喉頭、食道発声法があります。患者さんやご家族の希望や、術後の創部の状況に応じてこれらの対応が可能です。

代用音声について

  • 気管食道シャント法:気管と食道の間にシリコン製の一方通行弁(プロヴォックス®)を留置し、肺からの呼気を利用して発声する方法。
  • 電気咽頭:電気式人工喉頭をのど元にあて、振動を利用して発声する方法。
  • 食道発声法:空気を呑み込み、食道内にとどめ吐き出すことで発声する方法。いわゆるゲップによる発声