コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 外科系 > 肝胆膵外科 > 肝・胆・膵の病気と治療について > 肝臓の病気と治療について > 転移性肝がん

転移性肝がん

肝臓以外の臓器に発生したがんが、血流に乗って肝臓に転移してきたものです。もともとのがん(原発巣)は大腸がんや胃がん、膵臓がんなどの消化器系のがんや、乳がん、肺がん、卵巣がんであることもあります。原発巣と同時に見つかることもありますが、原発巣の治療後、または治療中に新たに肝臓に転移が見つかることもあります。原発巣の種類によっては肝臓以外の臓器にも転移することもあるため、ある程度全身的な精密検査(血液検査、CTMRI、超音波、場合によりPET-CTなど)が必要です。

治療について

大腸がんから肝臓に転移したがんに対しては、外科的切除が最も有効とされているため、可能な限り外科的切除を行います。外科的切除が可能かどうかは、精密検査でのがんの個数、大きさ、位置、肝機能(切除後に残る予定の肝臓の量、働き)などによって判定します。

 

転移性肝がんの個数が多い場合や大きい場合、また肝臓以外の臓器にも転移している場合などは、全身化学療法(抗がん剤)で治療します。最近の抗がん剤の開発は日進月歩ですので、はじめは外科的切除が困難であった患者さんでも、抗がん剤の効果によってがんが小さくなって切除できるようになる方も増えてきています。外科的切除と抗がん剤をタイミングよく組み合わせていくことが重要で、当院では外科と内科で密に連携して、チーム医療で「集学的治療(手術、抗がん剤、場合によっては放射線治療などを適宜組み合わせて治療を進めること)」に取り組んでいます。

治療成績

当院における転移性肝がん切除患者さんの生存率グラフ(2005年から2016年)

 

metastatic_liver_cancer_graph.jpg

 

受診をご希望の方へ

東病院肝胆膵外科への外来受診についてはこちらをご確認ください。