コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 内科系 > 腫瘍内科 > 診療と実績について > 乳がん

乳がん

乳がんは、本邦を含めた世界の女性のがん種別罹患率で1位のがんです。

乳がんは切除可能な乳がんと転移や再発を伴う乳がんがあり、状態により治療目標や治療内容が異なります。切除可能な乳がんでは、手術療法が行われますが、多くの場合術前、術後に薬物療法を施すことによって、再発リスクの軽減が図られます。また、転移や再発を伴う乳がんでは、薬物療法が治療の中心となります。すなわち、乳がんと診断された患者さんでは、ほとんどの場合、何らかの薬物療法が勧められます。

乳がんにはホルモン受容体と呼ばれるER(イ-ア-ル)、PgR(ピージーア-ル)や、HER2(ハーツー)と呼ばれる受容体の発現によりサブタイプが分類され、それぞれのサブタイプに見合った最良の治療選択が行われます。これまで内分泌治療、化学療法、並びに抗HER2薬といった分子標的薬などが広く用いられてきましたが、さらに多くの新規治療薬が登場し治療成績が向上しています。その反面、経験される副作用も多様化してきているため、乳がん治療に携わる医師には、様々な薬物療法についての知識と経験が求められます。我々は薬物療法のエキスパートとして、全身治療や副作用マネジメントなどを実施しています。また当科は治験を含めた多くの臨床試験に参加しており、より広い中から治療オプションを考えられるところが特徴です。

東病院 腫瘍内科ではチーム全員で最適な治療法を検討することはもちろん、乳がんになったことで生じうる様々なニーズに応えられるように努めています。手術や放射線治療が必要な患者さんについては、乳腺外科放射線治療科形成外科との合同カンファレンスで治療方針を検討しています。また、それぞれの患者さんが「その人らしく」過ごせるよう、レディースセンターと連動して全人的な医療を提供しています。治療に伴う妊よう性、外見(アピアランス)、就労・就学への影響についても親身になって相談に乗ります。

また、遺伝性乳がんの話題が注目されるようになり、手術術式を検討するために、診断後早期に遺伝カウンセリングが必要な患者さんもおられます。当院では、遺伝子診療部門などと連携しそのための体制も整えています。

 

乳がんの基礎知識、治療等については「国立がん研究センターがん情報サービス」(https://ganjoho.jp)の乳がん(https://ganjoho.jp/public/cancer/breast/index.html)のページをご覧ください。