コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 内科系 > 腫瘍内科 > 診療と実績について > AYA(思春期・若年成人:Adolescent and Young Adult)世代に発症するがん

AYA(思春期・若年成人:Adolescent and Young Adult)世代に発症するがん

AYA世代に発症するがんとは15歳から30歳台に発症するがんのことをさします。その時期は進学、就職、結婚、出産など人生のターニングポイントがあり、がんの治療中、治療後に、様々な支援が必要とされます。しかしAYA世代のがん診療の専門家が少なく、特にわが国では未だAYA世代に発生するがんの現状すら正確に把握されていません。

国立がん研究センター東病院では、AYA世代に特有のさまざまな問題点に配慮した診療を行っています。豊富な経験を生かした最善の治療の提供はもちろん、小児腫瘍科血液腫瘍科先端医療科サポーティブケアセンター/がん相談支援センターレディースセンター遺伝子診療部門などと協力し、進学や就職、妊よう性の温存、お子様・ご家族への病気の伝え方、治療に伴うアピアランス(外見)の変化への対処法、遺伝性腫瘍に関する相談、など治療以外の点についても可能な限りの支援を提供します。

また、がんの治療を受けられている患者さんのお子さんの心のケアも行っており、親御さんの病気についてのお子さんへの話し方や対応の仕方についての相談も受けつけています。

当院では、治療前、治療中にかかわらず肉腫、AYA世代がんについて専門家の意見を聞きたいという患者さん・ご家族のために電話での相談窓口を設けています。専門の医師が直接対応いたしますので、診断や治療、臨床試験や治験など、なんでもご相談ください。医療以外のことでも治療中の生活の事(学校、仕事、家族など)、患者さんご自身の小さいお子さんへの話し方などの相談にも対応いたします。

ただし、電話での相談には限界がございますので、詳細につきましては初診もしくは医療相談(セカンドオピニオン外来)を受診していただけますと幸いです。

肉腫・小児がん電話相談

【肉腫・AYA世代がん・小児がん 電話相談】

電話番号:04-7130-0191
受付時間:平日10時から16時

注:相談は無料です(通話料は発生します)。
注:入院中の患者さんや外来患者さんの対応などにより、時間内であっても電話に対応できない場合がありますが、折り返し連絡いたしますのでご了承ください。