コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科・共通部門 > 内科系 > 病理・臨床検査科 > 教育について

教育について

臨床と基礎の橋渡しとなれる病理医を育成します

多様性は育成の原動力です。当科および先端医療開発センター病理分野には、多様なバックグラウンドを持つメンバーが集まっています。次時代を切り開く病理医の育成には適切な環境です。なお、詳細は、レジデントプログラムをご参照ください。

教育体制

  • ラボ研修

  • 教育体制

当病院は、生検標本13000件以上、手術標本3000件以上、細胞診4000件以上という豊富な症例数に加え、日本トップクラスレジデントの論文指導実績を誇っています。また、臨床各科や先端医療開発センターとの連携がある点も特徴です。

皆様の身に着けたいサブスペシャリティーに合わせ、以下のコースを用意しています。

General診断 コース

対象:病理専門医を取る直前もしくは取得後の病理医

  • 病理医の勉強はどうしても、その病院の特性に左右されます。各臓器に発生する腫瘍全般を診断できるような能力を身に着けたい病理医が、豊富な症例数を誇るがんセンターで、腫瘍診断学を集中的に経験するためのコースです。
    臓器をローテーションする形での研修になります。

臓器特化診断/研究コース

対象:専門臓器を勉強したい病理専門医もしくは臨床医

  • 専門医取得まで一般臓器に対する外科病理を学んできたが、そろそろ専門臓器を決め、多数症例を集中して診断し、造詣を深めたい病理医、もしくは、病理を通じて病気(特にがん)についてもっと造詣を深めたい臨床医のためのコースです。
    特定の臓器に集中して病理診断の勉強をする、もしくは外科病理学的研究の研修となります。

分子病理学コース(先端医療開発センター、臨床腫瘍病理分野で行うコース)

対象:分子病理学的な研究手法を学びたい病理専門医もしくは臨床医

  • 今まで診断病理もしくは臨床に従事してきたが、もう少し基礎医学的な知識、実験手法について学びたい病理医・臨床医向けのコース。
    診断は特定の臓器に絞り、分子病理学的な手法を用いた研究を行う研修となります。

病理AIコース(先端医療開発センター、臨床腫瘍病理分野で行うコース)

対象:自分でプログラミングを行ってAIを動かせるようにしたい病理専門医もしくは臨床医

  • AIに興味がある、もしくはAIを用いて研究をしたいが、どのように始めたらわからない。もしくは、AIの研究を行っているが、共同研究者に任せきりで、原理やプログラミング技術も学んでみたいという病理医・臨床医向けのコース。
    診断は特定の臓器に絞り、プログラミングの勉強やAIを用いた研究を中心に行う研修となります。

参加申込・お問い合わせ

参加申込はメールにて承ります。下記バナーをクリックしてご覧ください。

各種参加申し込み

先輩レジデントからのメッセージ

黒江 崇史 先生(2019年度 専攻医)

私は東京大学の大学院生(人体病理学、博士3年)です。博士1年では、市中病院にて病理診断をメインに研修していましたが、博士2年より研究に本格的に取り組むため、2019年度から当院にて研修を開始しました。

黒江 崇史(くろえ たかし)

がん専門のナショナルセンターとして、病院(東病院)と研究所(EPOC)を有しており、病理レジデント(専攻医)は双方に所属して、病理診断や研究に取り組みます。また、抄読会、研究発表会などの教育系カンファレンスにも参加して、様々な背景をもつ他の研究者から最新の情報を得ることが可能です。また、臓器毎に臨床系カンファレンスも多数開催されているので、各々の興味に応じて臨床医との人脈を形成したり、各種臨床情報へのアクセスが容易なことも病理・臨床検査科の強みだと思います。各臨床科には多くのスペシャリストが在籍していますし、臨床のレジデントは常に複数名、病理をローテートしています。がん専門病院として豊富な症例を有することに加えこれらの環境は、病理レジデントが病理形態学を基盤にして研究を進めていくには適切だと思います。

がんの診断や研究に興味のある方は是非一度、当院へ見学にいらっしゃってください。

 

村田 翔平 先生(2019年度 専攻医)

村田 翔平(むらた しょうへい)

柏の葉キャンパス駅周辺は新築マンションの屹立する清潔なニュータウンで、子育て世代も多く合理性に富んだ街並みが魅力です。時速約120kmのつくばエクスプレスに乗れば秋葉原や浅草といった23区東の要所は呆れるほど間近で、豊かな環境で研修に没頭しつつも都内の勉強会等に出るのも全く億劫でない、そんな絶妙な距離感が当院の特徴と思います。

膨大な症例数や臓器ごとの診断・指導体制、常時10人以上ローテートしている臨床レジデントと席を並べての交流、病院直結の研究部門と、他にも当院の特色を挙げればキリがありませんが、まずは一度、見学に来てみることをオススメします。闊達な気風にどっぷり浸かってみてください。

 

大原 悠紀 先生(2018年度 後期レジデント)

私は2014年から名古屋大学大学院で悪性中皮腫の腫瘍微小環境や、動物モデルを用いた発癌メカニズムについての研究を行ってきました。2018年に学位を取得し、国立がん研究センター東病院には研究者としてのキャリアアップと、外科病理医としての研鑽のために参りました。
 
大原先生国立がん研究センター東病院を選択した最大の理由は、病理が良い意味で独立しておらず、臨床(病院)とラボ(EPOC)とが一体化されているためです。そのため、臨床材料を用いた腫瘍微小環境研究や治療応用のための研究を行いやすい環境にあります。臨床との距離が近いことは、最先端の臨床研究を基礎に落としこむ、あるいは逆に基礎研究で得られた成果を臨床開発に繋げやすいという利点もあると思います。

私のように病理医として病理研修をするのでなく、臨床医として病理研修をするレジデントも非常に多くいるため(年間10人以上)、各科とのカンファレンス、日常の業務や雑談を通じて最先端の臨床を肌で感じることもできます。是非一度見学にお越しください!

各長からのメッセージ

石井 源一郎0715

氏名:石井 源一郎
メールアドレス:gishii●east.ncc.go.jp(●を@に置き換えてください)

病理・臨床検査科は、臨床と研究と教育が交差するエリアです。
多様な背景を持つ人たちが交わる空間を肌で感じ、多彩な学問分野の見方や考え方を身につけてください。