コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > レジデントプログラム > 1日体験プログラム > 形成外科

形成外科

レジデント1日体験プログラム 形成外科

東病院 形成外科のPRポイント

特徴

東病院形成外科は、がんの切除により生じた形態・機能の再建を行うことで、がん患者のQOLの維持・向上に寄与することを目的に診療を行っています。当科の特徴はマイクロサージャリーを用いた遊離組織移植を中心とした再建手術を専門的に行っていることです。手術は遊離組織移植だけで年間110例以上を行っており、この分野では国内トップレベルの症例数となっています。

再建手術は頭頸部領域が中心で、摂食・会話などの機能温存を重視した再建を行っているほか、乳房再建手術も増加しています。また、食道外科大腸外科泌尿器・後腹膜腫瘍科呼吸器外科肝胆膵外科婦人科など、さまざまな科との垣根の低い連携が特徴となっています。

教育体制

当科のレジデント教育の方針として、手術の基本から応用まで質の高い技術の習得を目指しています。豊富な症例数をもとに、再建外科医として習得すべき多くの手術を経験することができ、効率的な研修が可能です。また、毎週のカンファレンス、NEXT棟トレーニングルームでのマイクロサージャリーのトレーニングなど、レジデントの能力に合わせた指導を行うようにしています。

メッセージ

当科は向上心のある先生方を心からお待ちしています。1日体験プログラムでぜひ見学にいらしてください。

1日体験プログラム情報

複数日程の体験

お勧めの曜日・プラン

火曜日(手術+合同カンファレンス)

対応の難しい日

特になし

備考

日程、見学内容についてはなるべくご希望に添えるように調整いたしますので、ご相談ください。

1週間のスケジュール

 
9:00 手術見学 手術見学 手術見学 手術見学 手術見学
10:00
11:00
12:00
13:00
14:00
15:00
16:00 診療の解説 新患カンファレンス
17:00 病棟回診 合同カンファレンス 病棟回診 病棟回診 病棟回診

参加申込・お問い合わせ

参加申込はメールにて承ります。詳細はこちらからご覧ください。

募集要項・研修概要・診療科紹介

研修内容や各研修プログラムコースの詳細は下記をご覧ください。

先輩レジデントからのメッセージ

多賀 麻里絵(短期レジデント1年終了後、がん専門修練医2年目)

多賀 麻里絵_new

形成外科ではがん切除後の再建手術を主とした診療を行っています。特に頭頸部再建が多く、頭頸部外科医と連携を取りながら術前計画から術後経過まで一貫して学ぶことができます。他にも乳腺外科や呼吸器外科、大腸外科と関連した手術もあります。手技は手術の基本から、マイクロサージャリー、再建全体まで、段階を追って着実に習得していけます。熱心な指導医、専門リハビリスタッフ、そして志同じくして集ったレジデント仲間とともに、充実した濃密な時間を過ごすことができます。

各長からのメッセージ

形成外科長 東野 琢也

がん治療における再建外科に関する多くのことを学び、経験することが可能です。マイクロサージャリーを用いた再建外科のメッカで共に学びましょう!