コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 薬剤部 > 一般・患者の方へ > 皮膚障害について

主な抗がん剤の副作用とその対策皮膚障害について

分子標的治療薬による治療により「ざ瘡様皮疹(ざそうようひしん)」と言われる吹き出物や乾燥・亀裂、爪周囲炎などの皮膚障害が起こることが知られています。
辛い副作用ですが、皮膚障害が効果と関連していると言われているがんや薬もあるため、十分な保湿や適切なケアを心がけながら、上手に付き合っていくことも大事になります。

薬を使い始めてから、下に示したような順番で出てくることが多いと言われています。
 ざ瘡→乾燥・亀裂→爪周囲炎

いずれの症状も、「保清」「保湿」「保護」が大事です。

スキンケア

  • 保清 ・顔や体を洗う時は石鹸をよく泡立てましょう
  • 肌をこすらないように優しく洗いましょう
  • 水分を拭き取るときは、タオルで肌を押さえるように拭き取りましょう
  • かみそりを使う場合は、あらかじめ皮膚を蒸しタオルなどで柔らかくしてから行いましょう
  • 電気シェーバーがおすすめです

保湿

  • 1日2-3回、症状の出やすい場所を中心に保湿剤を塗りましょう
  • 風呂上りや洗顔後は乾燥しないうちに行いましょう
  • 低刺激性のものやアルコールを使用していないものを選びましょう
  • ステロイド軟膏が処方されている場合は、保湿の後に症状のある部位だけ塗ってください
  • 保護 ・肌着は綿素材など、刺激の少ないものがおすすめです
  • 水仕事などする際には手袋を使いましょう
  • 日光を浴びる際には帽子などを着用し、日焼け止めを塗るようにしましょう。SPF30以上、PA++以上で低刺激性のものがおすすめです。