コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 薬剤部 > 一般・患者の方へ > 味覚障害について

主な抗がん剤の副作用とその対策味覚障害について

抗がん剤治療開始後から味覚や嗅覚が変化することにより、
食べ物の味が違って感じられたり、
食べ物の匂いが鼻について食欲が低下したりすることがあります。

このような時は、次のような工夫をするとよいでしょう。

  • 濃い味の調味料を使いましょう。
  • 味の残る食べ物、キャンディ、酢の物、漬け物、レモンジュースなどがお勧めです。
  • 料理の匂いが気になる時は、さましたり冷やしたりすると匂いが気にならなくなります。また、匂いで吐き気を起こす場合は、他の人に調理をお願いするとよいでしょう。
  • たばこや香水等の匂いのある場所は避けるようにしましょう。

 

国立がん研究センター東病院では、管理栄養士による柏の葉料理教室栄養食事指導も行っています。