コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 市民公開講座
「膵臓がんのエキスパートに会おう!─パープルリボンセミナーin柏の葉2018─」を開催

市民公開講座
「膵臓がんのエキスパートに会おう!─パープルリボンセミナーin柏の葉2018─」を開催

2018年4月7日(土曜日)、国立がん研究センター東病院 先端医療開発センターの講堂で、膵臓(すいぞう)がん市民公開講座「膵臓がんのエキスパートに会おう!─パープルリボンセミナーin柏の葉2018─」を開催しました。東葛エリアで初となる、パープルリボンセミナーは、膵臓がんの患者会「NPO法人パンキャンジャパン」と東病院の共催で行ったイベントで、開催前に定員を上回る申し込みがあり、患者さんとそのご家族からの関心の高さが伺えました。当日は、180名を超える方が参加され、県外から訪れた方もいらっしゃいました。

  • _IGP8552.JPG
  • _IGP8546.JPG
東病院院長大津からのビデオメッセージに続き、パンキャンジャパンの理事長、眞島さんよりパープルリボンの活動について、講演がありました。

基調講演1

_IGP8563.JPG

肝胆膵内科長 池田公史より「化学療法のエキスパートからの話」として、
1.化学療法のエビデンス
2.治験・臨床試験
3.臨床試験の最前線をテーマにお話ししました。
最新の化学療法の情報を交えながら、治験と臨床試験の違いなど、分かりやすく解説しました。

基調講演2

_IGP8569.JPG

肝胆膵外科長 後藤田直人より「膵臓がんに対する外科治療」をテーマに、東病院での治療法と手術適応について解説しました。
また、過去3年間で切除不能から切除可能になった症例をご紹介しました。

基調講演3

_IGP8570.JPG

東病院看護部 がん看護専門看護師 小林直子より「病気との上手な付き合い方」をお話ししました。
こころとからだを整えるために何をしたらよいか、具体的な例を用いながら説明しました。
また、患者さんやご家族から多く寄せられる疑問や誤解についてお話ししました。

基調講演4

_IGP8618.JPG

「食事・栄養管理について─栄養士からのアドバイス─」について、栄養管理室長の千歳はるかが講演しました。
体調に応じて柔軟に考えながら、少量しか食べられない時の食べる『優先順位』」や、献立のポイントなどをお話ししました。
東病院栄養管理室では月に2回、副作用症状に応じた症状別料理をご提案する「柏の葉料理教室」を開催しています。
お近くにお住まいの方はレシピや作り方のコツを学べますので、ご利用ください。

 基調講演5

_IGP8579.JPG

サポーティブケアセンター/がん相談支援センターの飯田洋子より、「患者さんを支える情報と制度」をお話ししました。東病院のがん相談支援センターでは、がん治療の情報提供や、療養上の相談にとどまらず、就労に関する相談なども行っていることを説明しました。
また、東病院に受診されている患者さん・ご家族向けに「膵がん教室」や、経済的な負担を軽減する制度をご紹介しました。
次回の「膵がん教室」は2018年4月25日(水曜日)です。

_IGP8640.JPG

休憩をはさんだ後、セミナー開催の前に参加者の方からお寄せいただいた質問に、モデレーターとして、東病院がん相談支援センター 坂本はと恵と、パンキャンジャパン眞島さん、パネリスト全員とでお答えし講座を終了しました。
当日配布した資料の一部を公開しておりますので、ご覧ください。

_IGP8654.JPG

また、今年は11月18日にパープルストライド柏・東京2018を日比谷公園で開催予定です。
詳細が決まりましたら、東病院HPでお知らせします。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。