コンテンツにジャンプ
先端医療開発センター

トップページ > グループ紹介 > バイオマーカー探索トランスレーショナルリサーチ分野(柏) > 光永修一

光永修一

重要な臨床像や病理形態像に基づき、診療や治療開発に有用なバイオマーカーの探索、病態再現モデルによる機序解明を行っています。特に、膵がん患者に顕著な悪液質、および膵がん特有の腫瘍微小環境に対して、新規治療開発に結びつく研究成果が得られることを目指しています。

職名

  • 東病院 肝胆膵内科 医長
  • バイオマーカー探索TR分野

専門領域

  • Pancreatic cancer
  • Cachexia

キーワード

  • Pancreatic cancer
  • Cachexia
  • Nerve invasion
  • Chemotherapy
  • Biomarker

現在の主な研究テーマ

  • 膵がん神経浸潤の機序解明およびその制御法の探索
  • 膵がん神経浸潤に起因する症状の同定およびその機序の解明
  • 膵がん悪液質の機序解明およびその制御法の探索
  • 膵がんに特徴的な腫瘍微小環境の解明と治療応用に向けた探索的検討
  • がんバイオマーカーの探索

共同研究可能なテーマ

  • 膵がん神経浸潤
  • 膵がん悪液質
  • 膵がん微小環境
  • がんバイオマーカー

Email

smitsuna●east.ncc.go.jp(●を@に置き換えください)

主な所属学会

  • 日本癌学会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本膵臓学会
  • 日本がんサポーティブケア学会

略歴

  • 1998年
    岡山大学医学部卒業
  • 2006年
    岡山大学 医学博士取得
  • 2007年11月から2015年3月
    国立がんセンター 東病院 肝胆膵内科 医員
    国立がん研究センター 東病院 臨床開発センター 臨床腫瘍病理部併任
  • 2015年4月から現在
    国立がん研究センター 東病院 肝胆膵内科 医長
    国立がん研究センター 先端医療開発センター バイオマーカー探索トランスレーショナルリサーチ分野併任

主な論文

  1. Mitsunaga S, Okusaka T, IkedaM, Ozaka M, Ohkawa S, Ioka T, Shimura T, Sato K, Terao K, Ochiai A, Furuse J. Multicenter, Open-Label, Phase I/II Study of Tocilizumab, an Anti–Interleukin-6 Receptor Monoclonal Antibody, Combined with Gemcitabine in Patients with Advanced Pancreatic Cancer. J Med Diagn Meth 6(1): 234, 2017.
  2. Mitsunaga S, Ikeda M, Shimizu S, Ohno I, Takahashi H, Okuyama H, Ueno H, Morizane C, Kondo S, Sakamoto Y, Okusaka T, Ochiai A. C-Reactive Protein Level Is an Indicator of the Aggressiveness of Advanced Pancreatic Cancer. Pancreas. 2016 Jan;45(1):110-6.
  3. Sugimoto M, Mitsunaga S, Yoshikawa K, Kato Y, Gotohda N, Takahashi S, Konishi M, Ikeda M, Kojima M, Ochiai A, Kaneko H.  Prognostic impact of M2 macrophages at neural invasion in patients with invasive ductal carcinoma of the pancreas. Eur J Cancer. 50(11):1900-8, 2014.
  4. Mitsunaga S, Ikeda M, Shimizu S, Ohno I, Furuse J, Inagaki M, Higashi S, Kato H, Terao K, Ochiai A. Serum levels of IL-6 and IL-1β can predict the efficacy of gemcitabine in patients with advanced pancreatic cancer. Br J Cancer. 2013 May 28;108(10):2063-9.
  5. Imoto A, Mitsunaga S, Inagaki M, Aoyagi K, Sasaki H, Ikeda M, Nakachi K, Higuchi K, Ochiai A. Neural invasion induces cachexia via astrocytic activation of neural route in pancreatic cancer. Int J Cancer. 2012 Dec 15;131(12):2795-807.