コンテンツにジャンプ
先端医療開発センター

トップページ > グループ紹介 > 免疫トランスレーショナルリサーチ分野(柏) > 西川 博嘉

西川 博嘉Hiroyoshi Nishikawa, MD, PhD

西川 博嘉

がん治療の新しい選択肢としてがん免疫療法の臨床導入が進んでいます。がん免疫療法は、患者さんの免疫系の働きを活発にしてがん細胞を駆逐します。いくつかの免疫製剤が、がん治療に承認されてきましたが、依然として半数以上の患者さんには十分な臨床効果がみられません。私たちは、がんに対する免疫応答の複雑な制御機構を明らかにすることで、各々の患者さんに即したがん治療が可能となり、より多くの患者さんが臨床効果を享受できるがん免疫療法を開発できるように日々研究を進めています。

職名

  • 免疫TR分野長

専門領域

  • 腫瘍学
  • 免疫学

キーワード

  • がん免疫 
  • 免疫制御 
  • CD8+T細胞 
  • CD4+制御性T細胞 
  • CD4+ヘルパーT細胞

現在の主な研究テーマ

  • がん微小環境でのT細胞活性化および抑制機構の解明 
  • がん微小環境での代謝と免疫応答の関連の解明 
  • がん微小環境へのT細胞浸潤機構の解明 
  • がん抗原特異的T細胞に対するCD4+制御性T細胞の免疫抑制機構の解明 
  • がん免疫療法でのT細胞応答モニタリングによる抗腫瘍免疫応答の本態解明

Email

hnishika●ncc.go.jp(●を@に置き換えください)

略歴

  • 1995年 三重大学医学部医学科卒業 
  • 2002年 三重大学大学院医学研究科内科学専攻 修了 
  • 1995年 三重大学医学附属病院 研修医 松阪中央総合病院 研修医 
  • 1997年 鈴鹿中央総合病院 内科医員 
  • 2002年 三重大学医学部附属病院 内科医員 
  • 2003年 Memorial Sloan-Kettering Cancer Center, Research fellow 
  • 2006年 三重大学大学院医学系研究科 病態解明医学講座 講師 
  • 2010年 大阪大学免疫学フロンティア研究センター 実験免疫学 特任准教授
  • 2012年 Department of Oncology, Roswell Park Cancer Institute, Adjunct Associate Professor(兼任) 
  • 2015年 国立がん研究センター 研究所 腫瘍免疫研究分野/先端医療開発センター 免疫TR分野 分野長 
  • 2016年 名古屋大学大学院医学系研究科 微生物・免疫学講座 分子細胞免疫学教授 (クロスアポイントメント)

主な所属学会

  • 日本癌学会(評議員) 
  • 日本免疫学会(評議員) 
  • 日本がん免疫学会(理事、評議員) 
  • American Association for Cancer Research (Active Member) 
  • American Society of Clinical Oncology 
  • Society for Immunotherapy of Cancer

主な論文

  1. Saito T, Nishikawa H, Wada H, Nagano Y, Sugiyama D, Atarashi K, Maeda Y, Hamaguchi M, Ohkura N, Sato E, Nagase H, Nishimura J, Yamamoto H, Takiguchi S, Tanoue T, Suda W, Morita H, Hattori M, Honda K, Mori M, Doki Y, Sakaguchi S. Two FOXP3+CD4+ T-cell subpopulations distinctly control the prognosis of colorectal cancers. Nat Med, 22: 679-84, 2016 
  2. Maeda Y, Nishikawa H, Sugiyama D, Ha D, Hamaguchi M, Saito T, Nishioka M, Wing JB, Adeegbe D, Katayama I, Sakaguchi S. Detection of self-reactive CD8+ T cells with an anergic phenotype in healthy individuals. Science, 346:1536-1540, 2014 
  3. Sugiyama D, Nishikawa H, Maeda Y, Nishioka M, Tanemura A, Katayama I, Ezoe S, Kanakura Y, Sato E, Fukumori Y, Karbach J, Jäger E, Sakaguchi S. Anti-CCR4 mAb selectively depletes effector-type FoxP3+CD4+ regulatory T cells, evoking antitumor immune responses in humans. Proc Natl Acad Sci USA, 110:17945-17950, 2013 
  4. Nishikawa H, Maeda Y, Ishida T, Gnjatic S, Sato E, Mori F, Sugiyama D, Ito A, Fukumori Y, Utsunomiya A, Inagaki H, Old LJ, Ueda R, Sakaguchi S. Cancer/testis antigens are novel targets of immunotherapy for adult T-cell leukemia/lymphoma. Blood, 119:3097-3104, 2012 
  5. Noguchi T, Kato T, Wang L, Maeda Y, Ikeda H, Sato E, Knuth A, Gnjatic S, Ritter G, Sakaguchi S, Old LJ, Shiku H, Nishikawa H. Intracellular tumor-associated antigens represent effective targets for passive immunotherapy. Cancer Res, 72:1672-1682, 2012

その他

  • 2003年 三医会賞 
  • 2006年 日本癌学会 奨励賞
  • 2008年 Cancer Research Institute, Investigator Award
  • 2013年 Cancer Research Institute, CLIP Award