コンテンツにジャンプ
先端医療開発センター

トップページ > グループ紹介 > ゲノムトランスレーショナルリサーチ分野(柏) > 土原 一哉

土原 一哉Katsuya Tsuchihara, MD, PhD

網羅的ゲノム解析など、「オミクス解析」の進展はがんの基礎研究だけでなく、治療法の開発にも大きな影響を与えています。がんの個性に基づく治療法、これまでとは異なるコンセプトに基づく治療法を開発し実用化するために、早期開発、前臨床の段階から臨床家と基礎研究者がこれまで以上に緊密に連携することを心がけています。

職名

TR(トランスレーショナルリサーチ)グループ ゲノムTR分野長(柏)

専門領域

分子生物学

キーワード

  • がんゲノム
  • クリニカルシーケンス
  • バイオマーカー
  • がん代謝

現在の主な研究テーマ

  • 治療効果予測ゲノムバイオマーカーの探索と実用化
  • 網羅的がんゲノム解析
  • 栄養環境特異的がん代謝機構

共同研究が可能なテーマ 

  • ゲノムバイオマーカーの探索と実用化
  • がん代謝標的療法の開発

Email

ktsuchih●east.ncc.go.jp(●を@に置き換えください)

略歴

  • 1993年
    金沢大学医学部 卒業
  • 2000年
    東京医科歯科大学大学院 修了
  • 1993年
    金沢大学医学部附属病院 研修医
  • 2000年
    オンタリオがん研究所(カナダ) 研究員
  • 2005年
    国立がんセンター東病院 臨床開発センター 室長
  • 2012年
    国立がん研究センター東病院臨床開発センター TR分野長
    早期・探索臨床研究センター TRユニット長(柏担当)
  • 2013年
    国立がん研究センター早期・探索臨床研究センター TR分野長
  • 2015年
    現職

主な所属学会

  • 日本癌学会 (評議員)
  • 日本分子生物学会
  • 日本生化学会
  • American Association for Cancer Research

主な論文 

  1. Nukaga S, Yasuda H, Tsuchihara K, Hamamoto J, Masuzawa K, Kawada I, Naoki K, Matsumoto S, Mimaki S, Ikemura S, Goto K, Betsuyaku T, Soejima K. Amplification of EGFR Wild-Type Alleles in Non-Small Cell Lung Cancer Cells Confers Acquired Resistance to Mutation-Selective EGFR Tyrosine Kinase Inhibitors. Cancer Res. 77:2078-2089, 2017
  2. Miyoshi T, Umemura S, Matsumura Y, Mimaki S, Tada S, Makinoshima H, Ishii G, Udagawa H, Matsumoto S, Yoh K, Niho S, Ohmatsu H, Aokage K, Hishida T, Yoshida J, Nagai K, Goto K, Tsuboi M, Tsuchihara K. Genomic Profiling of Large-Cell Neuroendocrine Carcinoma of the Lung. Clin Cancer Res. 23:757-765, 2017
  3. Yoh K, Seto T, Satouchi M, Nishio M, Yamamoto N, Murakami H, Nogami N, Matsumoto S, Kohno T, Tsuta K, Tsuchihara K, Ishii G, Nomura S, Sato A, Ohtsu A, Ohe Y, Goto K. Vandetanib in patients with previously treated RET-rearranged advanced non-small-cell lung cancer (LURET): an open-label, multicentre phase 2 trial. Lancet Respir Med. 5:42-50, 2017
  4. Mimaki S, Totsuka Y, Suzuki Y, Nakai C, Goto M, Kojima M, Arakawa H, Takemura S, Tanaka S, Marubashi S, Kinoshita M, Matsuda T, Shibata T, Nakagama H, Ochiai A, Kubo S, Nakamori S, Esumi H, Tsuchihara K. Hypermutation and unique mutational signatures of occupational cholangiocarcinoma in printing workers exposed to haloalkanes. Carcinogenesis. 37:817-826, 2016
  5. Makinoshima H, Takita M, Saruwatari K, Umemura S, Obata Y, Ishii G, Matsumoto S, Sugiyama E, Ochiai A, Abe R, Goto K, Esumi H, Tsuchihara K. Signaling through the Phosphatidylinositol 3-Kinase (PI3K)/Mammalian Target of Rapamycin (mTOR) Axis Is Responsible for Aerobic Glycolysis mediated by Glucose Transporter in Epidermal Growth Factor Receptor (EGFR)-mutated Lung Adenocarcinoma. J Biol Chem. 290:17495-504, 2015

PubMedで論文一覧を見る(外部サイトにリンクします)

関わった主な臨床試験・研究 

  • AMED革新的がん医療実用化研究事業「進行肺がん大規模クリニカルシークエンスデータを用いた個別化治療法の開発」 研究開発代表者
  • AMED創薬基盤推進研究事業「産学連携全国がんゲノムスクリーニングプログラム:SCRUM-Japanを活用したプレシジョンメディスン推進基盤構築研究」 研究開発代表者

その他 

東京大学大学院 新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻 客員教授