コンテンツにジャンプ
先端医療開発センター

トップページ > グループ紹介 > ゲノムトランスレーショナルリサーチ分野(柏) > 研究内容

研究内容

がんの基礎研究の臨床応用に加え、クリニカルインタレストからがんの生物像を明らかにすることを目標とする。次世代シークエンス技術を応用したゲノムバイオマーカー診断の実用化、分子標的療法の標的探索、網羅的ゲノム解析やメタボローム解析を応用したがんの発生、進展、治療反応性メカニズムの解析を重点的に行っている。また全国規模で肺がん、消化器がんの遺伝子変異をスクリーニングし新薬の臨床開発を活性化する産学連携プロジェクト、SCRUM-Japanのデータセンター運用をおこなっている。

研究成果

標的分子が未同定のため分子標的治療の開発が遅れている肺大細胞神経内分泌癌についてゲノム解析を行い、先に報告した小細胞肺癌と同じくPI3K経路の活性化がドライバーとなっている可能性を示した。有機溶媒の高濃度曝露が原因と考えられる職業性胆管癌の網羅的ゲノム解析により、高頻度のゲノム変異と特徴的なDNA置換シグネチャーを明らかにした。  

研究成果表

SCRUM-Japanの臨床データ、ゲノム解析データを統合するデータベースを運用し、参加企業、医療機関ネットワークとの共有を行っている。 SCRUM-Japanはわが国におけるゲノム創薬プラットフォームとして国内外に認知が進むとともに、ゲノム医療実装のロールモデルとしても注目されている。センターが推進するゲノム医療実現にむけ研究活動で蓄積されたノウハウを活用してゆく。

研究成果図表