コンテンツにジャンプ
先端医療開発センター

トップページ > グループ紹介 > ゲノムトランスレーショナルリサーチ分野(築地) > 河野 隆志

河野 隆志Takashi Kohno, PhD

RET遺伝子融合をはじめ、遺伝子異常に基づくがん個別化治療は、現実的に可能な時代になっています。EPOCスタッフと協力し、その実現のため尽力します。現在の目標は、次世代シークエンサーを用いた多遺伝子検査をがんゲノム医療に実装し、がんゲノム情報管理センターと協力して、がんゲノム医療の均てん化や新たな医療の創出に活かしていくことです。

河野 隆志

職名

  • TRグループ ゲノムTR分野長(築地)
  • 研究所 ゲノム生物学研究分野長、がんゲノム情報管理センター 情報利活用戦略室長

専門領域

  • がん遺伝学

キーワード

  • がんゲノム医療
  • 肺がん
  • 遺伝子融合

現在の主な研究テーマ

  • 遺伝子異常に基づくがん個別化治療

共同研究が可能なテーマ

  • 分子標的薬の治療応答性にかかわる遺伝子の解析、オミックス検査の開発

Email

tkkohno●ncc.go.jp(●を@に置き換えてください)

略歴

  • 1989年 京都大学 薬学部薬学科 卒業
  • 1991年 京都大学大学院 薬学研究科修士課程 修了
  • 1995年 東京大学大学院 医学研究科博士課程 修了
  • 1995年 国立がんセンター研究所 生物学部 研究員
  • 2000年 同 生物学部 室長
  • 2010年 国立がん研究センター研究所 ゲノム生物学研究分野 分野長
  • 2013年 国立がん研究センター早期・探索臨床研究センター TR分野長(併任)
    研究所 バイオバンク支援部門長(併任)
  • 2015年 国立がん研究センター先端医療開発センター ゲノムTR分野長(併任)
  • 2017年東京慈恵会医科大学連携大学院教授(分子腫瘍学)併任。
  • 2018年国立がん研究センターがんゲノム情報管理センター情報利活用戦略室室長(併任)

主な所属学会

  • 日本癌学会(評議員)
  • 日本人類遺伝学会(将来構想委員)
  • 日本分子生物学会
  • 日本肺癌学会
  • 日本メディカルAI学会(評議員)

主な論文

  1. Kohno T, Ichikawa H, Totoki Y, Yasuda K, Hiramoto M, Nammo T, Sakamoto H, Tsuta K, Furuta K, Shimada Y, Iwakawa R, Ogiwara H, Oike T, Enari M, Schetter AJ, Okayama H, Haugen A, Skaug V, Chiku S, Yamanaka I, Arai Y, Watanabe S, Sekine I, Ogawa S, Harris CC, Tsuda H, Yoshida T, Yokota J, Shibata T. KIF5B-RET fusions in lung adenocarcinoma. Nat Med, 18:375-377, 2012
  2. Oike T, Ogiwara H, Tominaga Y, Ito K, Ando O, Tsuta K, Mizukami T, Shimada Y, Isomura H, Komachi M, Furuta K, Watanabe SI, Nakano T, Yokota J, Kohno T. A synthetic lethality-based strategy to treat cancers harboring a genetic deficiency in the chromatin remodeling factor BRG1. Cancer Res, 104:1396-1400, 2013
  3. Shiraishi K, Kunitoh H, Daigo Y, Takahashi A, Goto K, Sakamoto H, Ohnami S, Shimada Y, Ashikawa K, Saito A, Watanabe S, Tsuta K, Kamatani N, Yoshida T, Nakamura Y, Yokota J, Kubo M, Kohno T. A genome-wide association study identifies two new susceptibility loci for lung adenocarcinoma in the Japanese population. Nat Genet, 44:900-903, 2012
  4. Nakaoku T, Tsuta K, Ichikawa H, Shiraishi K, Sakamoto H, Enari M, Furuta K, Shimada Y, Ogiwara H, Watanabe S, Nokihara H, Yasuda K, Hiramoto M, Nammo T, Ishigame T, Schetter AJ, Okayama H, Harris CC, Kim YH, Mishima M, Yokota J, Yoshida T, Kohno T. Druggable oncogene fusions in invasive mucinous lung adenocarcinoma. Clin Cancer Res, 20:3087-3093, 2014
  5. Kohno T, Tsuchihara K, Ogiwara H, Ichikawa H. RET and other genes: therapeutic targets in lung adenocarcinoma. Lung Cancer Manag, 3:219-226, 2014
  6. Kanke Y, Shimomura A, Saito M, Honda T, Shiraishi K, Shimada Y, Watanabe R, Yoshida H, Yoshida M, Shimizu C, Takahashi K, Totsuka H, Ogiwara H, Hirose S, Kono K, Tamura K, Okamoto A, Kinoshita T, Kato T, Kohno T*.Gene aberration profile of tumors of adolescent and young adult females. Oncotarget. 9(5):6228-6237, 2017.George J, Saito M, Tsuta K, Iwakawa R, Shiraishi K, Scheel AH, Uchida S, Watanabe SI, Nishikawa R, Noguchi M, Peifer M, Jang SJ, Petersen I, Büttner R, Harris CC, Yokota J, Thomas RK*, Kohno T*. Genomic Amplification of CD274 (PD-L1) in Small-Cell Lung Cancer. Clin Cancer Res. 23(5):1220-1226, 2017.
  7. Nakaoku T, Kohno T*, Araki M, Niho S, Chauhan R, Knowles PP, Tsuchihara K, Matsumoto S, Shimada Y, Mimaki S, Ishii G, Ichikawa H, Nagatoishi S, Tsumoto K, Okuno Y, Yoh K, McDonald NQ, Goto K. A secondary RET mutation in the activation loop conferring resistance to vandetanib. Nat Commun. 9(1):625, 2018.

PubMedで論文一覧を見る