コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 内科系 > 緩和医療科

緩和医療科

緩和医療科トップイメージ

緩和医療科について

国立がん研究センター東病院緩和医療科は、以下の3つを目標に活動を行っています。

  1. 患者さんの身体や気持ちのつらさを和らげ、病気との付き合い方やその後の療養場所について支援することにより、患者さんやご家族の生活の質(Quality of Life, QOL)を向上させる
  2. がん治療医や医療スタッフががん診療やケアをしやすくなるようなサポートを行う
  3. テクノロジーをうまく活用した未来の緩和ケアを作ること

1.2.の実現のために、私たちは、外来、入院支持療法チーム、緩和ケア病棟の3つの緩和ケアサービスを提供しています。(診療についてをご参照ください。)

3.の実現のために、私たちは様々な研究開発に取り組んでいます。(研究についてをご参照ください)

 

こころのケアに関しては精神腫瘍科と、今後の療養の相談についてはサポーティブケアセンター/がん相談支援センターと協力し診療にあたっています(関連リンクをご覧ください)。

また、膵がん教室に参加し、患者さんやご家族のサポートができるように情報提供を行っています。