コンテンツにジャンプ
先端医療開発センター

トップページ > グループ紹介 > 臨床腫瘍病理分野(柏) > 微小環境因子に着目した新たながん治療法の開発

微小環境因子に着目した新たながん治療法の開発

線維芽細胞(Cancer associated fibroblasts; CAFs)は、がん組織内における主たる非がん細胞です。研年の研究から、CAFsおよびCAFsが産生する細胞外マトリックス(ECM)は、がん細胞との相互作用を介して、がん細胞の薬剤感受性に決定的な影響を与えることが わかってきました。従って、薬物療法の効果を最大限に活かすためには、がん細胞自身が有する遺伝的、生物学的因子(内因性因子)のみならず、CAFsおよびECMががん細胞に与える因子(微小環境因子)についても考慮する必要があります。当分野では、ヒト組織情報を正確に把握することにより、ヒト生体内の微小環境因子が薬剤感受性に与える分子機構を明らかにし、新たながん治療法の開発に取り組んでいます。

微小環境因子に着目した新たな癌治療法の開発

図「微小環境因子に着目した新たな癌治療法の開発」

  1. Ishii G, Ochiai A, Neri S. Phenotypic and functional heterogeneity of cancer-associated fibroblast within the tumor microenvironment. Advanced Drug Delivery Review 99(Pt B):186-962, 2016
  2. Yoshida T, Ishii G, Goto K, Neri S, Hashimoto H, Yoh K, Niho S, Umemura S, Matsumoto S, Ohmatsu H, Iida S, Niimi A, Nagai K, Ohe Y, Ochiai A. Podoplanin-positive cancer-associated fibroblasts in the tumor microenvironment induce primary resistance to EGFR-TKIs in lung adenocarcinoma with EGFR mutation. Clin. Cancer Res. 21(3):642-51, 2015
  3. Koriyama H, Ishii G, Yoh K, Neri S, Morise M, Umemura S, Matsumoto S, Niho S, Ohmatsu H, Tsuboi M, Goto K, Ochiai A. Presence of podoplanin-positive cancer-associated fibroblasts in surgically-resected primary lung adenocarcinoma predicts a shorter progression-free survival period in patients with recurrences who received platinum-based chemotherapy. J Cancer Res Clin Oncol. 141(7):1163-70, 2015
  4. Ishibashi M, Neri S, Hashimoto H, Miyashita T, Yoshida T, Nakamura Y, Udagawa H, Kirita K, Matsumoto S, Umemura S, Yoh K, Niho S, Tsuboi M, Masutomi K, Goto K, Ochiai A, Ishii G. CD200-positive cancer associated fibroblasts augment the sensitivity of Epidermal Growth Factor Receptor mutation-positive lung adenocarcinomas to EGFR Tyrosine kinase inhibitors. Sci Rep. 21;7:46662, 2017